最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スパイダーマンの宿敵を描く映画『ヴェノム』の日本公開が決定 初解禁映像でトム・ハーディが雄たけび

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーベル・コミックのダーク・ヒーロー“ヴェノム”を主人公とした映画『ヴェノム』が12月に日本で公開されることが決定した。

『ヴェノム』は、地球外から飛来した寄生生命体から生まれた“ヴェノム”を主人公とした映画。ヴェノムはコミック『スパイダーマン』にヴィラン(悪役)として初登場。その後、ダーク・ヒーローとして高い人気を獲得し、サム・ライミ監督の映画『スパイダーマン3』には敵役として登場している。そのヴェノムの単独実写映画『ヴェノム』では、主人公のエディ・ブロック/ヴェノムをトム・ハーディが演じる。


解禁された映像は、凶悪なヴェノムの力や、主人公エディの葛藤を匂わせるトム・ハーディーのモノローグで展開。“ヴェノム”らしき姿は登場しないものの、ハーディのバイクチェイスシーンも。そして、ハーディ演じるブロックの雄たけびとヴェノムの顔を思わせるイメージで締めくくられる。

同作には、ヒロイン役として、ミシェル・ウィリアムスが出演。メガホンを『ゾンビランド』『L.A.ギャング・ストーリー』のルーベン・フライシャー監督がとっている。脚本は『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のジェフ・ピンクナー&スコット・ローゼンバーグ。

映画『ヴェノム』は12月公開。

作品情報
映画『ヴェノム』  原題:VENOM   全米公開:10月 監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』) 脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』) キャスト:トム・ハーディ(『ダンケルク』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムス(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット 公式サイト:http://www.venom-movie.jp/ (C)&TM 2018 MARVEL


外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス