「コードギアス 反逆のルルーシュ3 皇道(おうどう)」が5月26日に公開決定!

WebNewtype

2018/2/10 00:00

コードギアス 反逆のルルーシュ3 皇道(おうどう)」が、2018年5月26日(土)に公開決定となりました。全国の劇場にて、皇帝ルルーシュのイラスト使用のA4クリアファイル付きムビチケカードが販売されます。

また、2月10日(土)公開の「コードギアス 反逆のルルーシュ2 叛道(はんどう)」について、監督の谷口悟朗さんとシリーズ構成・脚本の大河内一楼さんから公開記念コメントが到着しました。

【監督:谷口悟朗さん】

第二部「叛道」。これは、第一部「興道」を観ていなくても大丈夫です。ちなみに新作画は第一部以上の量になり、その分、キャラクターの新しい台詞も増えています。挿入歌も新作し相坂さんに、主題歌は藤原さくらさんに、という形でスタッフも新しい人を増やしました。

内容的には、一部がルルーシュ個人を基軸としたものに対して、そこから動き出した多くの人々の思惑や感情、といったものを中心に構成しています。そのため、内容は濃いです。時間も長いです。2時間を越えています。音響は映画館で楽しめるもの、という考えで組んでいますから、すべて味わうためにも映画館をおすすめします。

前にも言いましたが、テレビシリーズ全50話を三部作に再構成し、それを礎としてネクストがある、という基本方針は変わりません。わかりやすく書くと、テレビのときとは違う感情で動いているキャラや関係性があるということです。できうればこの三部作を見ていただけるとうれしいです。

【シリーズ構成・脚本:大河内一楼さん】

映画「コードギアス 反逆のルルーシュ2 叛道」本日より公開となりました。無事に第二部の公開ができたのは、第一部で劇場に足を運んでくれたみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。

第二部は、おそらく三部作の中で、もっとも濃いものになっています。始まりも、結末もない中で、ルルーシュをはじめとしたみんなが、迷い、決断し、惑い、選択する。そんな人々の苦悩と意志を見てもらえたらと思います。

それはまさに、10年前の僕らが、何もない中からどういう作品を作るかと、苦しみ、のたうち、でも、締め切りのある中で決断した時間そのものだと、今回の映画を見て改めて思いました。かつて「ギアス」を楽しんでくれたみなさん。この映画で一緒にタイムトラベルしましょう。

これから「ギアス」を見るというみなさん、10年続いた作品にご興味ありませんか? ぜひぜひ、劇場でお待ちしています。(WebNewtype)

https://webnewtype.com/news/article/136954/

あなたにおすすめ