RIRI「目標はグラミー賞」 女子高生R&Bシンガーは実は群馬生まれで…

ananweb

2018/2/9 22:00



一聴したらわかる才能、というのはまさに彼女のこと。RIRIは18歳の高校生ながら、オルタナティブR&Bシンガーとしての多彩な表現力とダイナミクスを全身から放つ。


母の影響で小さい頃から洋楽に親しんできた彼女が歌手になりたいという夢を持つのは自然なことだったが、それが強い決意に変わったのは11歳の時。ホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンなどを手掛けた音楽プロデューサー、デビッド・フォスター主催のオーディションでファイナリストに選ばれた。

「母がネットでたまたまそのオーディションのことを知ったのが締め切りの2週間前。それまで歌の練習なんてしたことがなかったのですが、毎日5~6時間は練習して応募しました。ファイナリストに選んでいただき、初めて人前で歌ったのが国際フォーラム。5000人の前に立つと緊張しましたが、歌っているうちに魂が降りてきたような、今まで味わったことのないような喜びや楽しさを感じて。リハーサルでは出なかった表現が自然と出てきたんです」

現在のRIRIは歌唱力のみならず英語の発音もまるでネイティブだし、実はダンスだって得意。海外育ちと言われたら納得してしまいそうだが実は群馬県出身。ほぼ独学でスキルを磨いてきたというから驚きだ。そして海外の作家やプロデューサーと楽曲制作をはじめたのは約2年前。1stアルバム『RIRI』が遂に完成した。

「このアルバムにはインディーズ時代から今現在までの私が詰まっています。私が好きな洋楽っぽいサウンドも重視しながら作ってきました。作ってる段階から『これは絶対良い作品ができる!』ってワクワクして、みんなで盛り上がりながらの制作でした」

終始、目をキラキラと輝かせながら大きな夢を語ってくれた。

「目標はグラミー賞と、2020年の東京オリンピックで歌うこと。どんなに大きな夢でも挑戦して立ち向かうことが大切。そこでしか味わえない達成感や喜びや楽しさをみんなで共有したい、そんな気持ちを込めてこれから歌っていきたいです」
リリ 1999年11月5日生まれ。Apple Music「今週のNEW ARTIST」、Spotify「Early Noise」等に選出され話題を集め、遂にメジャーデビュー。

トップス¥28,000 パンツ¥41,000(共にPINKO/PINKO JAPAN TEL:03・5778・9861) イヤリング¥12,000 チョーカー¥9,200(共にBijou R.I TEL:03・3770・6809)

1st Album『RIRI』¥2,500 ’60~’70年代のソウルや’90年代のR&Bを継承しつつ現在の洋楽トレンドを取り入れたサウンド。インディーズ期の名曲「RUSH」を含む全10曲。2月14日発売。(Sony Music Associated Records)

※『anan』2018年2月14日号より。写真・内山めぐみ スタイリスト・二宮ちえ ヘア&メイク・KOU 文・上野三樹

(by anan編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス