「彼からの連絡=愛情」と思ってない?付き合っていく上で重視すべきこと

ハウコレ

2018/2/9 21:00



俺からの連絡が少なく、そのことを不満に思ってしまう女性は少なくありません。たしかに、「連絡」というものが好きな人に対する愛情表現のひとつの手段である以上、その「ある/なし」を気にすることは当然でしょう。

ですが、「好きだったら自分から連絡をするはず」という自分にとっての常識は、彼にとってそうでない可能性も考えてみると、不必要な焦りや閉塞感に悩まされることも減っていくかもしれませんね。

■■連絡の量を「1:1」にするために付き合ってる?
この間相談に来た女性も、「なんでいっつも私からしかLINE送らないの? 正直、辛くなるんだけど」ということを言っていました。まさにタイトルのとおり「私から連絡しないと、一生連絡してこないつもり?」こんな気分なのでしょう。実際私も、こういう状態になったときには同じことを思いますし、また、「私ばっかり送るってことは、私ばっかり、好きなんだろうなぁ……」と落ち込んでしまうこともあります。

ですが、男性の意見を借りるなら、必ずその答えは「そんなわけなくね? 何を言ってるの」というものになるはずです。

この種の不満をぶちまけられる男性の側の考えとしては「実際問題、彼女から頻繁にLINEが来てる。だからこっちから何か言いたいことがあっても、彼女から来たときに返事すればいいやって思う。現状、十分に連絡も取れてるのに、なんでわざわざ『俺発信のLINE』だけを増やす必要があるの?」といったところでしょう。

**

たしかに、ある一つの土俵でのお互いの愛情表現の量に差があると、「好きな気持ち」にまで差があるんじゃないかと不安になってしまうことがあります。

上の例ならこれは「自分から連絡する頻度」という土俵でしょうし、他にも「相手に『好き』と伝える回数」だったり、「デートに誘う回数」だったりするかもしれません。

ですが、そういった「量」だけに着目するのではなくて、それで結果的にふたりが上手くいっているのかどうかというところで見ていくことが大切なのではないでしょうか。連絡の頻度なんかよりも、愛情を感じられているかどうかのほうが大事で、その「愛情表現」は「連絡することが全てじゃないですよね?

あくまで目的は、「彼氏の連絡量:彼女の連絡量」を「1:1」にすることではなくて、「ふたりが仲良く付き合っていけること」なはずです。前者はあくまで目的のための手段であって、目的そのものじゃありません。

彼氏が連絡不精で、自分からは連絡もして来ないし、彼女への返信もずいぶんとあっさりでも、そのことで、ふたりの関係がスムーズに、何の問題もなくうまくやっていけているのなら、その形こそがふたりにとってのバランスのいい形なのです。数学じゃないので「1:1」にこだわる必要なんてどこにもありません。

■■元カノと「同じ轍(てつ)」を踏まない!
また、こうした形式にこだわらない付き合い方ができていると、彼氏はそのことをとても評価してくれるはずです。例えば、今回のような「なんで私だけ連絡するの?」と怒られた彼氏さんは、これまで、付き合う女性みんなに同じことを言われ続けてきたはずです。

そしてその度に、「それってそんなに、大事?」と違和感を覚えてきたはず。だから、自分が彼氏に対して「連絡、足りなくない?」というときに「まあ、他で愛情は示してくれてるし、仲良しでいられればそんな細かいことはいいよね」と思い直すことができれば、きっと彼は「この子とは、うまくやれそう」と思ってくれるでしょう。

あなたが一瞬不満に感じてしまったポイントは、実は彼にとって、これまでの恋愛でずっと理解してほしいのにしてもらえなかった、とっても大切なところなのかもしれませんね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)(前田怜里/モデル)

(島崎雄史/カメラマン)

(JYO/ヘアメイク)

(辻野祐馬/ディレクション)

あなたにおすすめ