最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

職場ではやっぱり「忖度」チョコが当たり前? 2018年のバレンタインデーの本音を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


百貨店のスイーツ売り場がチョコレート一色になり、今年もこの季節がやってきました。そう、バレンタインデー。今年は「義理チョコをやめよう」という広告も話題を呼んでおり、働く女性にとってのバレンタインデーも少し意識が変わってきそうです。2018年のバレンタインデーの本音をアンケートから紐解いてみましょう。

4人に1人が会社でバレンタインの「忖度チョコ」経験あり

2017年に世間を賑わせた「忖度」という言葉が、なんとバレンタインにも登場するとは……。「バレンタインの時期に、職場でチョコレートを渡す相手の役職や立場を考えて空気を読んだ」経験がある女性は75%にものぼるとのこと。アンケートによって明らかになった具体的なエピソードをのぞいてみると……

◆冬になるとやたらチョコレートの話題ばかり出す上司がいたので、女性職員全員で協力して準備した(38歳)

◆同僚が上司から「今年もあなたのチョコ楽しみにしてるよ」という話をされて、本人は覚えていなかったらしく、去年あげたチョコのブランドや値段をまわりに聞きまくっていた(36歳)

と、ちょっと心が痛くなるエピソードがちらほら。一方で、

◆毎年の慣例みたいになってるので、期待されてると思って渡す(26歳)

という、暗黙の了解に合わせている人も。多くの職場でバレンタインデーのチョコレートを渡すことがルールになっているのかもしれません。

でも、同僚や上司にせっかくだからチョコレートをあげたいなと思う人もいそうですよね。そのあたりの本音も紐解いてみましょう。

会社でチョコレートをあげること自体はイヤじゃない

Q.会社でチョコレートをあげるのはアリだと思いますか?

アリ……71.0%

ナシ……29.0%

男性陣がほっと胸をなでおろす姿が見えてくるようです。会社でチョコレートをあげることに対しては71%が肯定派。「暗黙の了解に従わざるを得ない」とは言いつつも、会社でチョコレートをあげるのは「アリ」なんですね。

でも優先順位はもちろん彼、自分、親

会社でチョコレートをあげるのは「アリ」ならば、それってどのくらい気持ちを込めてるものなの? 最後は、バレンタインデーにあげるチョコレートにかける想いの順番をみてみましょう。

Q.誰にあげるチョコレートを一番こだわりますか?

第1位:夫・彼氏……59.4%

第2位:自分……3.7%

第3位:親……7.1%

※第4位以下は省略

やっぱり、一番大切なのは彼。働く女性の乙女な一面が見えてきましたね。自分、という回答は、百貨店に並ぶきらびやかなチョコレートのラインナップを見てみれば、自分用を選ぶのが楽しくなってしまうことにも頷けます。

器用な現代の働く女性のバレンタインデー

会社の人間関係に悩みがちな働く女性。さぞかし職場でのバレンタインの慣例にもうんざりしているのかと思いきや、7割の女性が、会社でのチョコのやり取りに肯定的という結果に私たちも驚きました。アンケートを通して「目上の人には少しいいものをあげる」などのコメントも見られ、人間関係を円滑にする“ツール”として、チョコを活用している姿が浮き彫りになってきています。

会社での微妙な人間関係や立場のちがいを観察し、バレンタインを活用するというのは、働く女性ならではのスタイルと言えます。昨年の流行語大賞で話題となった「忖度」が、バレンタインデーの職場でも見られるのかもしれません。

(マイナビウーマン編集部)

※調査概要

調査方法:インターネット調査

調査期間:2017年12月11日(月)~12月20日(水)

調査対象:マイナビウーマン会員(22~39歳の働く女性)

回答者数:252人

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス