最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

滝沢秀明「人類で僕が4人目」TOKIOも仰天の"溶岩湖探検"を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

2月7日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に、ジャニーズの滝沢秀明がゲスト出演し、自前のヒートスーツやガスマスクなどを公開しながら「滞在は5分ぐらいが限界」という灼熱の溶岩湖探検について熱く語った。

滝沢「月に行った人数より少ないから魅力的」


溶岩湖探検が趣味という滝沢が、火口に溜まったマグマから約10mの距離まで接近するのだと答えると「そんな近いんだ!熱いでしょ!?」と目を丸くするTOKIOメンバー。滝沢は「熱いです。温度は一応僕らが測った数字で1050℃でした」と証言し、そこまでの道のりをガイドもなしでドクターやカメラマンといったチームを組んで挑むのだという。

さらに「山登りからスタートしてずーっと自分たちでカメラで撮影して、最終的に日本に帰ってきて自分で編集してテロップとか入れて、ナレーターの方に声入れてもらって」と説明すると、国分太一に「その映像を売ろうとしてんの?」とツッコまれ「いやいや!売らないです」と笑う滝沢。

現在まで4つの溶岩湖を制覇したという滝沢は、2014年に制覇したバヌアツ共和国の「マルム」という溶岩湖について、山頂からロープを降ろし火口まで約600mの距離を往復約10時間かけて挑んだと明かす。これを聞いた松岡昌宏が「ガスとかは大丈夫なの?」と心配すると滝沢は「ガスもすごい時は下りないですね」と説明し、多少の地響き的な感じはないのとの質問に「ものすごいあります。グワーッ!って揺れます」と体を大きく揺らし衝撃の大きさを再現した。

すると静かに聞いていた城島茂が「そもそも何故ここに行こうって思ったの?」と尋ねると、滝沢は「やっぱり人類でまだ5人くらいしか下りてない場所なんで。僕が4人目なんですけど」と明かし一同仰天。これを聞いた松岡は「この(人類)75億人だか何だかいるっていわれる中で4人?」と唖然。すると滝沢は「月に行った人数より少ないから魅力的だなと思って。それでハマってしまったんですね」と打ち明け皆を驚かせていた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス