はるかぜちゃんが「あたしおかあさんだから」のアンサーソングをブログに公開! 「痛快すぎる」「責められている気分になる」と反応さまざま



NHK教育『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさんの横山だいすけさんの新曲「あたしおかあさんだから」の詞が、「まるでワンオペ育児」「母親に我慢を強いている」として、作詞を担当した絵本作家のぶみさんに批判が集中。『Twitter』では歌名をもじったハッシュタグ「#あたしおかあさんだけど」も登場するなど物議を醸しています。

そんな中、女優・声優・タレントの“はるかぜちゃん”こと春名風花さんが「おまえ おとうさんだろ」と題してブログエントリーを更新。「あたしおかあさんだから」について「これはひどい」「女という立場からみても女の子全員がバカにされてるように感じたし、子どもの立場からみても物凄く負担に思うし、どちらの立場にせよ不快感極まりないもの」と批判。さらに「 おまえ おとうさんだろ」と題した2番を作ってしまっています。




『 おまえ おとうさんだろ 』

作詞・はるかぜちゃん

一人暮らししてたね おとうさんになるまえ

たばこ吸って 朝まで飲んで

立派に働けるって イキがってた

今も同じね 子どもと遊ばずに

黙って逃げるの? 飲み会行くから

おまえ おとうさんだろ

おまえ おとうさんだろ

何で1人で寝てるの

おまえ おとうさんだろ

先におかず食べて お皿はそのまま

おまえ おとうさんだろ

この子の友達の名前知ってる?

おまえ おとうさんだろ

家族よりじぶんのことばかり

おまえ おとうさんだろ

おまえ おとうさんだろ

おかあさんだろ?って おまえも親だろ

好きな事して 好きな物買って

考えるのは自分のことばかり

今日は服もご飯も おまえのぶんねーから

一緒にレトルトカレー食べましょ

自分らしく颯爽と生きるわ

あたし おかあさんだから


これには「同意しかない」「高校生なのにわかっている」「痛快すぎる」といった反応が集まっていたほか、「うちのパパに見せてあげたい」「記憶が思い出されて怒りとイライラがこみ上げた」といった声が。なかには次のようなツイートもありました。


#あたしおかあさんだから を読んでムカついて #おまえおとうさんだろ を読んで泣けた

そのまんますぎて情けなくて泣けてきた

お父さんを育てるのはお母さんじゃないといけないですか?

お父さんはお義母さんが育ててほしい

あたしより5ヶ月も早く生まれた人のことなんか産んでないし


一方で、「心当たりが無くても責められてる気分になる」「矛先が自分の敵になっただけで共感するのはのぶみさんと価値観が変わらない」といった男性側の反応もあり、春名さんはブログに「あくまで『この歌のおかあさんにご主人がいたら、きっとこんな人だろう』っていうことなので、あなたのことではありません」と追記する事態となっています。それだけ元の歌への反感と、春名さんのアンサーソングのパンチ力があったことを示しているのではないでしょうか。

春名風花 公式ブログ – おまえ おとうさんだろ –

https://lineblog.me/harukazechan/archives/887225.html [リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ