最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

Juice=Juice宮本佳林、突発性難聴と診断 昨年休養していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【宮本佳林/モデルプレス=2月9日】昨年一時休養していたハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Juice=Juiceの宮本佳林が8日、自身のブログを更新。突発性難聴と診断されたことを明かした。

宮本は「この間検査を受けた結果『突発性難聴』であることがわかりました」と自ら明かすとともに、「難聴の程度は軽く、完治の予測はできないのですが 自分のできる範囲で体、耳の調子を都度相談しながらであれば活動しても良いと医師から言われた」と病状を報告。

医師の許可が下りたため、9日に秋田、11日に郡山、12日に仙台にて開催予定のJuice=Juiceの単独ライブと、10日に開催される仙台のハロー!プロジェクトのコンサートに様子を見ながら参加していくという。

「体は元気なのでフルで参加したい気持ちはすごくあります」という宮本だが、「でも、治るまでは自分の耳と相談しながらやっていかなくてはいけないので、少し我慢してきちんと治していけたらと思います」と治療に励む旨をつづり、「ご心配をおかけして本当にごめんなさい。これからもJuice=Juiceの応援をよろしくお願いします」とファンに向けて呼びかけた。

◆宮本佳林、昨年7月に休養



昨年7月には、機能性発声障害のため一時休養していた宮本。ライブやイベントを欠席していたが、8月31日の公演より復帰していた。

今回の突発性難聴とは、突発的におきる原因不明の急性感音難聴のことで、過去には浜崎あゆみ、スガシカオ、KinKi Kidsの堂本剛らもかかっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス