最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

暖房 

試してみて!暖房費を節約する部屋のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
暖房の効率を上げるには、お部屋の隙間対策が効果的。寒い冬を乗り越えるために知っておきたいポイントをお伝えします。

暖房費節約のコツは隙間を塞ぐのがカギ

寒い冬を乗り越えるには、ファンヒーターやストーブ、エアコンなどの暖房器具が欠かせませんが 、お部屋の方の冬対策はできていますか? 暖房効率をUPさせるためには暖房器具への注意だけでなく、お部屋から改善しなくてはなりません。

冬の暖房費節約のために一番気を付けたいお部屋のポイントは「隙間」です。いくら暖房をしても隙間風が入ってくるようでは、なかなか効率よく部屋が暖まりません。そこで、その隙間を上手にふさぐことが重要になります。

カーテン

窓は直接外気に触れる部分ですので、部屋の中でも一番空気が冷やされてしまう箇所です。カーテンはその冷気を防ぐための重要アイテムですが、まず注目したいのはその素材です。やはり厚手で保温性の高い素材の方がより冷気を防ぐことができます。

それから「長さ」が重要なポイントです。腰高窓などの場合は、窓枠より10cm以上は下になる程度の長さが理想ですし、掃き出し窓のように床近くからはじまる窓ならば、カーテンは床に引きずるくらいの長さにしましょう。

カーテンを床に引きずると、カーテンの裾が汚れていやだという方もいますが、冬場だけでも長くしておきたいものです。
6~7cm程度ならば調整が可能
こちらの写真のような、スライドできるアジャスターが付いたカーテンフックを利用すれば、ある程度カーテンの長さ調節ができます。カーテンがちょっと短いというお宅ならばこういった物を利用すると良いでしょう。

長さが短くて全く床に届かないという場合には、長い目で見ればカーテンを買い換えてしまった方が良いと思いますが、そのまま使うならば、床とカーテンの隙間にクッションや丸めたバスタオルなどを置いて隙間を埋めてしまう方法もあります。

他にはカーテンを伸ばしてしまう方法。カーテンにはけっこう長めの折りしろが付いていますので、その糸をほどいて折りしろをおろし、床に付く長さで縫うようにします。お裁縫が苦手で縫えないという方は、アイロン接着ができるテープが売られていますので、それを利用しても良いですね。

ドア・ふすま

同じ家の中でも、暖房をしているお部屋とそうでない場所ではずいぶん気温差が出ますので、部屋出入り口のドアやふすまなども隙間があると冷気が入ってきてしまいます。

こういった場所には隙間を埋めるテープが便利です。スポンジ状で裏紙を剥がすと接着できるようになっています。厚さや幅なども色々な種類が売られており、お値段も安価です。
テープ装着前
テープ装着後
このようにドアの下の隙間や、ふすまと柱の隙間などに手軽に貼ることができます。これだけで、隙間からスーッと入ってくる冷たい空気を防ぐことができます。

いかがでしたか。お部屋の暖房効率を上げるためには、できるだけ外部の冷たい空気を遮断する事が大切です。ですが、機密性が高くなればなるほど、暖房器具によってお部屋の空気は汚れやすくなりますので、一定時間ごとにしっかりと部屋の換気をする心がけも忘れずに。
(文:和田 由貴)

外部リンク(All About)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス