森絵都の“スポ根”小説『DIVE!!』舞台化決定! 2018年9月上演

 森絵都による水泳の飛込み競技を題材とした青春小説『DIVE!!』(角川文庫)が、「『DIVE!!』The STAGE!!」として舞台化が決定。「『DIVE!!』The STAGE!!」は、9月20日から10月7日まで東京・大阪会場での上演となる。

【写真】「Anime Japan2017」コスプレ フォト特集

今回、舞台化が決定した『DIVE!!』は、森絵都による水泳の飛込み競技を題材とした青春小説。第52回小学館児童出版文化賞を受賞し、ラジオドラマ、映画、コミック、そしてアニメ化と様々なメディアで展開され、中高生を物語の主軸に据えながらも幅広い世代に支持される人気“スポ根”小説である。

このたび、東京オリンピックを2年後に控えた今年、ついに舞台化が決定。脚本・演出には舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』(脚本)や、舞台『十二大戦』(脚本・演出)などで知られる伊勢直弘が担当する。

水泳の飛込み競技を題材とした『DIVE!!』は、坂井知季の通うミズキダイビングクラブ・通称MDCが赤字経営によって存続の危機に陥っているところから始まる。そんなMDCのもとに突如現れた新任コーチの麻木夏陽子が提案したクラブ存続の条件。それは、「次の年のオリンピックにMDC から日本代表選手を送り出す」というものであった。知季とその座を争うのは、MDCのエース富士谷要一、幻の高校生ダイバー沖津飛沫をはじめとした様々な個性豊かなダイバー達。身体一つを武器に、その一瞬にすべてを賭けた少年達の熱い闘いがいま幕を開ける。

「『DIVE!!』The STAGE!!」は、9月20日から30日まで東京・シアター1010にて、10月6日と7日は大阪・森ノ宮ピロティホールで行われる。また、3月下旬よりチケット先行販売の開始が予定されており、プレミアムシートには非売品グッズ付きの特典内容となっている。価格は9800円。一般席は7800円。

『DIVE!!』The STAGE!!は9月20日から10月7日まで東京・大阪会場で上演。

あなたにおすすめ