最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「迷走女子アナ」脊山麻理子の半裸ボンデージ会見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)まいじつ

フリーアナウンサーの脊山麻理子が2月4日に、DVD『ファム・ファタール~運命の人~』の発売記念イベントを開催し、彼女自身、初めてというボンテージ姿を披露した。

「かなり過激な衣装で、Tバックに近いボンテージの衣装と、縦横の格子状になった革のバンドを身にまとっていました。まるで着エロのグラビアアイドルみたいでした」(夕刊紙記者)

脊山は慶応大学を卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。しかし、在籍5年で退職している。

「父親は医師で元東大の医学部教授、母親は英語教師という知的な家庭で育ちました。ただ、自分が会社員だという意識が低く、気に入らない仕事を平気で拒否するようなところがあった。最後は異動を命じられ、それを受け入れずに退職しています。異色のアナウンサーでした」(日本テレビ関係者)

日本テレビ在籍時に結婚したが、その後に離婚。現在は芸能プロダクションに所属し、2012年ごろから“水着ができる女子アナ”として活動している。

フリーになってから迷走に拍車


「以前、フリーアナウンサーの討論会で、年配のアナウンサーに『最近、水着で売っているおかしなアナがいる』と言われ、脊山は『何がいけないの』と激しく言い返し、激高したといいます。気性は激しく、プライドも非常に高いです」(女子アナライター)

そんな脊山が、DVDの発売記念イベントでとんでもない発言をした。

「ボンテージが相当気に入ったらしく、『今後、この格好でニュースを語りたい』と言っていました。取材していた記者も、あまりにめちゃくちゃな発想だったために、みんな下を向いて笑っていました」(同・ライター)

脊山は2016年には女子プロレスラーとしてデビューもしている。やや迷走している感じは否めない。

「会見では現在、意中の男性がいることを告白していました」(前出・記者)

次はなにをするのか、想像もできない。


外部リンク(まいじつ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス