疲れたら一休み。いつもの私を取り戻す方法

yummy!

2018/2/9 17:00


疲れたら一休み。いつもの私を取り戻す方法

今日の私は、いつもと違う。そんな時ってありませんか?
仕事でミスをしただけで引きずっちゃうし、とても不安がっちゃう……。
誰だって、心の調子が優れないときはあります。
ポイントは、そのままマイナスな感情に引きずられないこと。
無理やりポジティブになる必要もないけど、通常運転で。
今回は、いつもの私を取り戻す方法をご紹介します。

目標を高く設定しすぎていない?



いつもと調子が違う。そんな日が続くと、本人が一番心配。このまま、何もかもできなくなったらどうしようと不安になってきますよね。
もしかしたら、ストイックになりすぎているのかもしれません。人それぞれがんばれる量は違います。
元々の気力や体力も違う以上、みんながみんなハードに動けないのは当然です。しかし、今はSNSでいくらでも他人の状況を知れる時代。自分よりも輝いている人を見かけるたびに焦ってしまったり……。
もし今の時点でかなり苦しいなら、少しだけハードルを下げましょう。何事も細かく目標を分けて、一つずつ丁寧に達成していくのが一番です。駆け足で上がろうとするから疲れてしまうんです。まずは、いつもの調子に戻るまでペースを落とすこと。

気が済むまで書き出す



いつもの調子に戻したいときは、紙に書き出す方法がおすすめ。頭の中をスッキリさせるには、紙に書くのが一番なんです。
カフェでも自分のお部屋でも、好きな場所で、これからについて考える時間は、とても貴重。おうちだったら、好きな音楽もかけられて、周りを気にしなくて済むから楽かもしれませんね。
書き出しているうちに、いくつかヒントが見えてきます。あとは、行動に移していくだけ。至ってシンプルだけど、とても有効な回復方法です。

「寝る・泣く」も大事!



いつもの私ではないとき、大抵、睡眠不足に陥っているか、あるいは相当、精神的なストレスが溜まっている状態のとき……。
紙に書き出すだけでは気が済まないなら、思いきり泣いて、早めに寝るのが一番いいかも。
超・原始的な方法ではありますが、健康を保つうえで睡眠と涙活は非常に重要です。あれこれと考えすぎても、自分がどうするべきかが分からなくなってしまいます。
たくさん泣いて、思いっきり寝れば、きっと名案が思い浮かぶはず。誰かに電話するよりも、自分だけで上手に感情を外に出す方法を覚えましょう。

スマホ・テレビの時間を減らす



心が疲れているときにスマホやテレビを観ていてもイライラするだけ……。
タイミングによっては、芸能人のお金自慢しか放送されていないときもあります。人様の自慢を観ていても元気が出ないのは当然です。
今、一番にすべきことは、いつもの私を取り戻すこと。疲れているときに情報収集をしても余計に疲れるだけです。
スマホやテレビは、すべて消して、ぼ~っとしたり、布団でゴロゴロしたり……。かなり身体全体を緩めて、リラックスタイムを満喫しましょう。

さいごに



「いつもと違う」と思ったら、それは心が疲れているサイン。
そのまま突っ走らずに、ひとまず休憩。感覚が通常通りに戻るまでは、あえてペースを落として、ゆっくりする時間を多めにとりましょうね。
(山口 恵理香/ライター)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス