恋した相手が同性、既婚者…。絶対に叶わない恋、気持ちにどう折り合いをつける?

カナウ

2018/2/9 17:00


恋した相手が同性、既婚者…。絶対に叶わない恋、気持ちにどう折り合いをつける?

一度人を好きになってしまうと、相手のことが否応でも気になってしまうもの――。

相手にほかに好きな人がいたり、付き合っている人がいたりして、少しでも相手に脈があるなら、頑張ってアプローチする女性も多いでしょう。

でも、恋をした相手が同性だったり、既婚者だったりといった、絶対に叶わない恋の場合は、気持ちを諦めるのに厄介ですよね。

今回は、そんな恋に悩んでいる女性に向けた、気持ちの折り合いのつけ方をご紹介します。

恋をした相手が同性の場合


恋をする相手に、同性異性は関係ないと思います。ただ、相手がいわゆるヘテロセクシャル(異性愛)だと、残念ながら「同性と付き合う」という期待は難しいかもしれません。

それこそ、相手の女性が同性も気になることがある、バイセクシャル(両性愛)なら脈もありそうですが――。完全なヘテロセクシャルの場合だと、一般的にはかっこいい男性、かわいい男性と付き合いたいと思うものです。

下手にアプローチしたところで、相手を不快にさせてしまうかもしれませんし、ふたりのそれまでの関係を壊してしまう恐れもあるので、アタックの仕方が難しそう。

もし脈が見込めないのだとしたら――。遠巻きに見守りつつも、その気持ちはしまいながら、普段通りに生活を送ることが一番かもしれません。

あるいは、関係が友達ならしばらく距離を置きながら、関わる時間を少なくして気持ちの整理をつける時期を設けるとか。

ほかに気になる人ができると、相手への気持ちも落ち着いてくると思います。相手と会うのを控えながら、少しずつ気持ちの整理ができるといいですね。

恋をした相手が既婚者の場合


恋をする相手がいつも既婚者、という女性は意外と少なくないでしょう。フリーの独身者よりも既婚者の男性は落ち着きがあって、包容力があって、異性として魅力的に見えてしまうのは、たしかにうなずけるかもしれません。

とはいえ、相手はすでに結婚していて、家庭を持っている身です。そうした相手に惹かれて、恋をしようと思うのは、相手の家庭を崩壊させることになりかねませんし、相手を不幸にさせる行為ですよね。

相手に子どもがいれば、さらに迷惑がかかるのは、言うまでもない事実です。

自分の気持ちだけで恋をするのは、エゴであり、いい恋の仕方とは言えないでしょう。もし万が一、既婚者と関係を持ってしまったら、法的には不貞行為にあたり、許されるべきことではありません。

ぜひ気持ちを冷静に、周りの友人とも相談しながら、一度既婚者との恋について考えてみてください。既婚者との恋が冷静に考えることが、自分の気持ちを落ち着かせる手立てになるはずです。

相手の条件が桁違いいい場合


恋人になる相手というのは、大抵お互いの身の丈にあった人と付き合うことが多いものです。

ですので、たとえば相手の学歴が自分と桁違いによかったり、相手の仕事が医者や弁護士といった、なかなか普段関わることのない職業の人だったり――。

はたまた、相手のルックスが芸能人のようにキレイだと、自分とは釣り合わないと、「気持ちを諦めなきゃいけない」と感じることもあるのではないでしょうか。

相手の条件がいいからといって、自分を卑下する必要はありませんが。相手と釣り合いたいと思うのなら、やはり相手と釣り合えるだけに、自分自身を成長させる必要があるでしょう。

それが結果的に恋に結び付かなくても、自分の高まった魅力が次の恋、出会いに必ず役立つはずです。

絶対に叶わないともなれば、自分の気持ちとの折り合いのつけ方が大事になってきます。ぜひマイナスに考えるのではなく、自分の思った気持ちを経験値として前向きにとらえて、次の恋に役立ててみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

あなたにおすすめ