最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

本郷奏多、貫地谷しほりを突然抱きしめる “彼氏感”に悶絶する視聴者続出<リピート~運命を変える10か月~>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【本郷奏多/モデルプレス=2月9日】女優の貫地谷しほり、俳優の本郷奏多、お笑いコンビ・ガレッジセールのゴリが主演を務める木曜ドラマF「リピート~運命を変える10か月~」(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜よる11時59分~)の第5話が8日に放送された。本郷が演じる役どころに反響が寄せられている。<※一部ネタバレあり>

「イニシエーション・ラブ」がベストセラーとなり映画化されて話題を呼んだ乾くるみ氏の傑作長編「リピート」(文春文庫刊)をドラマ化した今作は、“リピート”と呼ばれるタイムスリップで、10か月前の過去に戻り人生をやり直すチャンスを得た篠崎鮎美(貫地谷)、毛利圭介(本郷)、天童太郎(ゴリ)が、思いもよらない運命に巻き込まれるサスペンスミステリー。

先週放送された第4話にて、階段で何者かに突き落とされた鮎美。第5話の冒頭では、目を覚ますとベッドの上で、隣には圭介の姿があり「ごめん。俺が家まで送っていれば…」と後悔の念。その後、鮎美の仕事終わりには外で待ち伏せして、「夜は送るよ」という圭介。リピートで知り合った2人だが、回を増すごとに絆が深まり互いに惹かれ合っていく。

リピートした仲間が立て続けに3人亡くなる中、第5話では東大受験に失敗したがリピートしたことで合格し、女子大生に悪さをする坪井要(猪野広樹)をメインにストーリーが展開。助けに入った鮎美と圭介は、坪井が3人を殺した犯人ではないかと疑う。坪井は鮎美を突き飛ばし逃走。圭介は「大丈夫か?」と鮎美を支えると、そのままそっと抱きしめるという胸キュンシーンが放送された。

◆本郷奏多の“彼氏感”に視聴者悶絶



ドラマ自体はシリアスなストーリーであるものの、第5話で見せた本郷演じる圭介の言動や振舞いに対し、視聴者からは「リピートの本郷奏多がかっこよすぎて無理」「本郷奏多くんの彼氏みしんどい」「今回のリピートの奏多くん特にやばかった…奏多くんに家まで送ってもらいたい人生だった」「貫地谷しほりちゃんをぎゅーってする本郷奏多くんがイケメンすぎて夜中なのに声出た」「リピートの本郷奏多にトキメキがとまらない」などと悶絶する声が続出していた。

◆本郷奏多の“ドS彼女”島崎遥香にも注目



また、このドラマを語る上で欠かせないのが島崎遥香の存在。島崎演じる圭介の恋人・町田由子は、第1話から圭介の首に犬の首輪を着けて「ワンって言いなさいよ」と命令したり、お金に困った圭介に札束を撒き散らす“ドS”ぶりを発揮。

独占欲が強く嫉妬深いお嬢様の由子は、鮎美と圭介の関係を疑い、ストーカー的な行為を繰り返す。その行動は徐々にエスカレートしていき、第6話の予告では、鬼の形相でパンケーキにフォークを突き刺し、嫉妬心をむき出しにする姿が。そしてリピートの存在を知ってしまった由子。引き続き、今後の展開に期待が高まる。(modelpress編集部)

情報:読売テレビ

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス