8万円の小学校制服に、石田ひかりが苦言 『母としての言葉』に同意の相次ぐ

grape

2018/2/9 15:49

2018年2月9日に行われた記者会見で、林芳正文部科学相は銀座にある中央区立泰明小学校の新しい制服を発表。

イタリア発祥の高級ブランド『アルマーニ』の制服を採用することを明らかにしました。この制服は、靴下やセーターなどを含めると、一式でおよそ8万円するのだとか。

この制服はあくまでも『標準服』であり、強制ではないとされていますが、現在、標準服を着用していない生徒はいないそうです。

報道によると、デザインをアルマーニに決定したのは校長の判断とのこと。また、一部の保護者からは「負担が重すぎる」と抗議の声も上がっているといいます。

石田ひかり、母として『8万円の制服』に苦言

この話題についての記事を新聞で読んだ、女優の石田ひかりさんがInstagramを更新。

「値段ばかりが議論されていますが、論点がずれていると思います」とつづり、2児の母として苦言を呈しました。

某大臣まで、にやにやしながら一人だけ買えないとなると、それはまた問題かなと思いますがとかなんとかおっしゃっていて本当にたまげました

そーゆーことぢゃないよね‼️‼️‼️‼️買えるとか買えないとかぢゃないよね‼️論点ちがうよね‼️‼️‼️

校長先生の文章を、ざざっと読みました

「泰明らしく」あることに、相当な誇りとこだわりをお持ちのようでした

わたしには「泰明らしさ」が何なのか興味もありませんが

これを押し付けられる子どもたちはたまったものではないな、というのが感想です
hikaringo0525 ーより引用また、校長が「服育(ふくいく)のため」と述べたことについて、このように持論を展開しました。

ちなみに『服育』とは、衣服を通して社会性や文化などへの理解を深めさせ、子どもの生きる力を育てる取り組みを指します。

「服育」という言葉を初めて聞きましたがそれなら、ひとつのブランドに絞らずいろんなものを着せる方が「服育」になるのではないでしょうか

小学生が「やっぱアルマーニいいわ~」とか言うようになったらおもろいな

もしくは着物にしたらいいのに

着付けを授業に取り入れるとか!

わたしも娘を2人持つ母ですので悩み尽きない日々ですが思うようにならないのが子どもです

いろんな経験をしておっきくなっていくのが子どもです

はちまんえん、という価格やアルマーニであることよりもそもそもの根っこから考え直すべきではないでしょうか

誤解の無いように書き添えますが泰明小学校を否定するつもりは毛頭なく、むしろ、あらすてき~銀座に小学校が~と思っていつも通っていますから!

今回のことに対する、あくまで私見でございます

校長先生を始めとする先生方お役所の皆さま

どうか子供たちにとって、最良の結論に辿り着くことを願っています
hikaringo0525 ーより引用「高額だと親が困る」「高級ブランドの制服」という点よりも、大人の都合を押し付けられる子どもたちが可哀想だと感じたという石田さん。

そして、校長の語る『服育』についても疑問を抱かざるを得ないといいます。

投稿に対し、「大人のプライドに子どもに巻き込まないでほしい」「銀座の小学校というプライドがあるのでしょうか」「特権意識を子どもに植え付けそう」といったコメントが寄せられています。

石田さんは子を持つ親として、大人の事情が絡むことで子どもの教育に影響が生じるかもしれないと思ったのでしょう。

小学校は、情操教育で心を豊かにする大切な場所。多くの意見を取り入れ、この件がよい方向へ向かうといいですね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス