いしだ壱成が今度は「乱れた食生活」を売り物に

まいじつ

2018/2/9 16:00

(C)Poznyakov / Shutterstock
(C)Shutterstock

俳優のいしだ壱成が1月29日放送のバラエティー番組『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)に出演し、驚きの食生活を明かした。

「起床後すぐに宅配ピザとチキンを食べ、その後も炭水化物、揚げ物、ファストフードなど、健康とかけ離れた食事を1日5食摂るとを告白していました。血糖値の上昇、糖尿病の危険性を指摘されていました」(芸能ライター)

いしだは1月に公開された映画『ROKUROKU』に出演していたが、それ以外の目立った仕事は現在ない。そして、昨年から23歳年下の女優と交際していると公言しており、その女性と一緒にテレビ番組に出演したこともある。だがその女優は、ある芸能事務所に所属しているという話もあったが、その事務所のホームページの所属タレントのところには女性の名前はない。

乱れた食生活の影響で…


「実は昨年12月に放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)で家賃2万4000円の部屋で同棲していると明かしていました。そのとき、ふたりでベッドで抱き合っている場面も公開しています」(テレビ雑誌編集者)

この恋人の存在は一時、かなりテレビ番組で取り上げられもしたが、現在は話題にのぼることもほとんどなくなった。

「今回の暴食が取り上げられたことも、何だかみじめな露出です。かつては連続ドラマで主役もやり、将来を嘱望されてた俳優でした。しかしいまは、映画の端役が精一杯です。まだ40代前半なのに髪の毛も薄くなってきているように見えます。食生活の影響かもしれません」(前出・ライター)

次はどんな私生活をみせることでテレビに出演しようとするだろうか。

【画像】

(C)Poznyakov / Shutterstock

あなたにおすすめ