最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

東大卒43歳の弁護士「僕が婚活で売れ残っているワケ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


男性は女性とくらべて、婚活していてもあまりオープンにしません。婚活男性たちはいったい何を考え、どんな活動をしているのか。「未婚のいい男」は一体どこにいるのでしょう?

今回は、婚活中だというエリート男性にインタビューしました。

東大卒で弁護士――条件だけですぐに高スペックな男性とわかりますね。でも安川翔さん(仮名・43歳)は、婚活の時に、自分のスペックをあえて強調したくないというのです。婚活における彼の心境とはどんなものなのでしょう。

◆弁護士になる夢を追いかけた30代

「40歳から婚活を始めました。20代の頃に付き合った同僚の女性と結婚するかもしれないと思っていましたが、28歳の時に海外赴任が決まると、彼女に待ってほしいと言えなかったのです」

あごが細く黒いメガネをかけた安川さんからは、おだやかで知的な雰囲気がただよいます。

港区生まれの安川さんは、麻布中学・高校から東大法学部へ。絵にかいたような高学歴を経て、海外にも拠点のある大手通信メーカーに入社します。25歳の時に芯の強い同僚と付き合いましたが、28歳の時に海外赴任を理由に別れた安川さん。3年後に帰国すると、会社の状況や自分の働き方に違和感を持つようになったそうです。

「もともと、弁護士になりたいから法学部に入学したのですが、卒業の頃は、親のために早く就職したい、海外で仕事をしたいなどのことから、海外赴任の可能性の高いメーカーを選びました。でも弁護士への夢をあきらめきれない自分に気づいて退職を決意。ロースクールに通い出す頃には、結婚は当分ないなと思ったのです」

31歳で退職して、ロースクールを経て司法試験に合格。知人の紹介で江東区の事務所に入所してから3年間、無我夢中で働いてから、やっと結婚できると自覚したそうです。

◆スペックだけで自分を見て欲しくない

「婚活アプリや結婚相談所など、履歴を記入しなければならない婚活の場所はあえて避けましたね」

高スペックだとわかると、専業主婦になりたいという女性が積極的にアプローチしてくるそうです。でもそれが安川さんにとって精神的な負担であると、苦しい胸の内を打ち明けてくれました。

「弁護士というのは、自営業です。年収の多い時もあれば、少ない時もあるので、世間一般に言われている高収入の職種からずれているのが現実だと思います」

ちなみに安川さんの売り上げベースでいえば、上限が3000万円、下限が800万円、所得ベースでは上限が1000万円で下限が300万円だそうです。婚活アプリや結婚相談所では、上限ベースを記すことになるため、下限を書けないそうです。これは弁護士としてのプライドもあるからでしょう。

「高スペックだけで僕を見て欲しくないんです。だから最初から対面ありきのパーティーや飲み会、合コンなどで知り合って、相手を見つける。これが僕の婚活です」

◆飲み会で知り合った女性と交際。そして…

40歳から婚活を開始した安川さんは、半年後に飲み会で知り合った34歳の短大卒OLと1年半付き合ったのですが、結婚に至らなかったそうです。

「二人とも大人なので、付き合うなら結婚前提というのは暗黙の了解でした。一緒にいると話がはずんで楽しいけど、僕も彼女からも『結婚』という言葉がなかった。イメージもわいてきませんでしたね」

相手の女性も安川さんに似て、おだやかなタイプだったとか。結婚には勢いがつきものですが、「なにがなんでも結婚する!」という気持ちと勢いが不足したのは、お互いに決定打に欠けたからでしょう。性格のいい男性が振り回す悪女タイプを好むように、生活レベルでの刺激が足りなかったのかもしれません。

「でも別れの決定的な理由はわかりませんね」と安川さん。「妻になってほしいという人と知り合って、結婚して。自然な流れで結婚するのが、こんなに難しいとは思いませんでした」

◆最後まで希望は捨てたくない、と語る

過去のことを振り返りたくないといいながらも、「20代の時に付き合った同僚の女性と結婚していたら、人生が変わっていたかもしれない」とつぶやく安川さんから、弱々しさも垣間(かいま)見えてきます。婚活しながら、自分の描く結婚像も変わってきたそうです。

「子供が欲しいと思ってきましたが、最近は同年代の女性に出会う確率が高くなってきたので、子供が欲しいのかどうかもわからなくなってきました」

やりがいのある仕事を選んだために婚活の時期が遅れ、思い描く結婚から遠ざかったのかもしれないと安川さんは分析しながら、「最後まで結婚に対する希望を捨てないつもりです」と不安を打ち消すように答えてくれたのです。

ところで婚活女性の皆さん。安川さんのように謙虚(けんきょ)な高スペック男性は、婚活アプリや結婚相談所で出会う機会が少ないといえるかもしれません。

ではどこにいるのかといえば、“人脈”がキーワードです。知人からの紹介はもちろんですが、高スペックな男性が集まる場所(ビジネススクール、ハイレベルなスポーツクラブ)を探してみるのが得策といえそうです。

もしも状況が許すなら、法律事務所など「出会いたい職業の男性がいる場」で働くのが、一番自然かつ確実です。ただし適齢期の男性が集まっているかどうかを、あらかじめ下調べすることも大切です。

―「婚活してる男性」ってどんな人? vol.3―

<TEXT/夏目かをる イラスト/三原すばる>

【夏目かをる】

コラムニスト、小説家、ルポライター。2万人のワーキングウーマン取材をもとに恋愛&婚活&結婚をテーマに執筆。難病克服後に医療ライターとしても活動。ブログ「恋するブログ☆~恋、のような気分で♪」更新中


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス