アリシア・ヴィキャンデル、マイケル・ファスベンダーとの新婚生活をおノロケ

 2017年10月に極秘結婚した映画『リリーのすべて』のオスカー女優アリシア・ヴィキャンデルと、映画『プロメテウス』の俳優マイケル・ファスベンダー。プライベートをあまり語らないアリシアが、マイケルとの結婚で充実感を得ていることを女性誌「Vogue」に語った。

【写真】「アリシア・ヴィキャンデル」フォトギャラリー

マイケルとスペインで結婚式を挙げた後、イタリアでハネムーンを過ごしたというアリシア。マイケルとの結婚生活について尋ねられると、慎重に言葉を選び、「今までにないほど幸せで満ち足りている」と回答したという。

映画『光をくれた人』での共演がきっかけで、恋に落ちたアリシアとマイケル。アリシアはマイケルとの再共演の可能性について、「私たちは素晴らしい体験ができたわ。私たちが(恋に落ちた以外にも)…」と、薬指の結婚指輪を見つめながら笑ったそうだ。アリシアよりキャリアのあるマイケルに、演技で助言を求められたというアリシアは、驚くと共に嬉しかったという。「彼は私が共演した俳優の中でもピカイチよ」と、俳優としてのマイケルにも惚れ込んでいる様子だ。

以前、他のインタビューで、いつか子どもが欲しいと常々思っていると語っていたアリシア。映画『トゥームレイダー』のリブート版で新ララ・クロフト役に抜擢されるなど、ハリウッドで引く手あまただが、おめでたいニュースが届く日は、そう遠い未来ではないかもしれない。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス