最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

不人気のNHK大河ドラマ『西郷どん』 “救世主”は篤姫役の北川景子か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタートしたばかりのNHK大河ドラマ『西郷どん』(鈴木亮平主演/日曜午後8時~)が、いまひとつ盛り上がらない。

ネット上では、「薩摩弁が理解できない」「主役が鈴木じゃ、格が低すぎ。渡辺謙主演で見たかった」「キャストが地味」などとして、厳しい声も多い。

初回視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、歴代ワースト2位の最悪発進。その後、15.4%→14.2%→14.8%と伸び悩んでいたが、第5話にして、自己最高の15.5%をマークし、風向きが変わってきた。

近年の大河では、初回視聴率が最高視聴率で終わってしまうことが多く、昨年の『おんな城主 直虎』、15年『花燃ゆ』、13年『八重の桜』が、そのケース。それを考えると、『西郷どん』が、0.1ポイントといえども、第5話で初回視聴率を超えたのは明るい材料だ。

第5話は「相撲じゃ!相撲じゃ!」で、藩主に就任した島津斉彬(渡辺)は、父・斉興(鹿賀丈史)派の重鎮たちを罰せず、重用すると宣言。父が流罪でいまだ謹慎中の身である大久保正助(瑛太)は斉彬のやり方に憤る。正助のため、西郷吉之助(鈴木)は、藩主と会える御前相撲で勝ち上がり、殿の真意を問いただすと息巻く。そんな中、岩山糸(黒木華)に縁談話が持ち上がり、相手は相撲大会にも出場する上級藩士・海老原重勝(蕨野友也)だという。糸に恋焦がれる正助の無念を晴らそうと、吉之助は絶対負けられない試合に臨む。島津家の姫・於一(北川景子)が見守る中、相撲大会で波乱が巻き起こる……という展開だった。

それでは、第5話で視聴率を押し上げた要因は何なのか? 同日、ライバル番組の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)は20.2%、『ビートたけしのスポーツ大将 超豪華!現役トップアスリート大集結!3時間SP』(テレビ朝日系)が10.1%の高視聴率を獲得しており、“敵失”ではなさそう。

そうなると、大河初出演となる北川が第5話で初登場したことが、最大の要因として挙げられそうだ。北川が演じる於一は斉彬の養女で、後に篤姫を名乗り、第13代将軍・徳川家定の正室になり、大奥に入った人物。婚儀をまとめるため、奔走する主人公の吉之助との間に恋心が芽生えるなど、彼女の存在はストーリー上、重要となっていく。

北川が登場したことにより、第5話の視聴率がアップしたのであれば、ある意味、“救世主”といえそうで、今後も、その“効果”にあやかりたいところだろう。
(文=田中七男)

外部リンク(日刊サイゾー)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス