行くなら食べたい!台北市内にある台湾伝統スイーツのお店3選

Walkerplus

2018/2/8 17:00

台湾のスイーツといえば、パイナップルケーキを思い浮かべるのではないでしょうか?台湾にはほかにもたくさんの美味しい伝統スイーツがあるんです!今回は、台北を訪れたら、ぜひ食べてほしい伝統スイーツのお店を3店紹介します。

■ 「古早味杏仁露」で台湾伝統ひんやりスイーツに舌鼓

40年前に師匠から引き継いだという古い屋台で、台湾伝統の味を継承し続けているデザート店。杏仁粉と台湾寒天を合わせて作る、名物の「杏仁露(杏仁ゼリー)」(35元)はツルンとした喉越しでさっぱり。このほか「緑(機種依存文字)豆露(緑豆ゼリー)」(35元)など、冷たいデザートが人気。

■ コーンのかき氷は忘れられない伝統の味「楊記花生玉米冰」

1961年創業の老舗。1番人気は、台湾で初めてコーンをトッピングした「花生玉米加圓冰(ピーナッツとコーンのかき氷)」(100元)。ピーナッツは口の中でとろけるほど煮込んであり、コーンシロップは甘味と塩気のバランスがよく、粒々感が楽しい。ほかの伝統的なトッピングとは一線を画す個性的な味わいだ。

■ 「三六圓仔店」で“円満”という縁起のある白玉汁粉に舌鼓

1943年に創業した老舗甘味処で、現在は4代目店主が切り盛り。龍山寺などお寺にお供えする縁起物のお菓子から台湾の伝統スイーツまでラインアップしている。すべて自家製で台湾産食材と手作業にとことんこだわっている。特に「紅豆湯圓(台湾風白玉汁粉)」(45元)は、年齢問わず人気を集める。

食べ歩くもよし、行く度に異なるスイーツにチャレンジするもよし!B級グルメや屋台グルメでおなかを満たすだけでなく、伝統スイーツも堪能してみては。

【ウォーカープラス編集部】(東京ウォーカー・ウォーカープラス編集部)

https://news.walkerplus.com/article/136529/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス