最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

往復割引は乗らなくてもキップが1割引きになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRのキップには、発券担当の係員も覚えきれないようなルールや割引きがあります。その中でもメジャーなJRのキップ割引きが「往復割引」。往復割引は通年受けられるので活用しない手はありません。しかも、行きと帰りを同じ駅にして往復割引を適用すると、乗らなくてもキップが1割引きになるのです。

往復割引は乗らなくてもキップが1割引きになる

往復割引は最低1,940円の値引き


往復割引の適用条件は片道が601km以上で、行きと帰りが同一区間であれば、2枚を同時に購入することで、乗車券が1割引きになるというもの。特急券などは割引きにはなりません。

601~640kmの乗車券は9,610円ですから、最低でも970円×2=1,940円の値引きを通年受けられるので、往復割引は積極的に利用しましょう。例えばこんな場合でも…。

新幹線で東京駅から岡山駅を経由して、瀬戸大橋線の児島駅まで帰省する時。往路は東京~児島駅のキップを購入しますが、復路は家族に岡山駅までクルマで送ってもらうので、岡山~東京駅のキップを購入。これでは往路と復路が同一区間ではないため、往復割引が受けられません。

往復割引で結果的に安く乗車する


そこで実際には乗車しない、復路の児島~岡山駅を含めた児島~東京駅のキップを出発前に購入して、往復割引を受けるのです。乗らない区間の運賃を余計に支払うことになるのですが、割引額の方が大きいので、結果的に安く乗車できます。

具体的には、通常なら往路の東京~児島駅が16,620円(乗車券10,800円/新幹線自由席5,820円)と、復路の岡山~東京駅16,300円(乗車券10,480円/新幹線自由席5,820円)で合計32,920円となるはずです。

しかし、東京~児島駅の往復割引を適用すると復路の児島~岡山駅を乗車しなくても、往路の乗車券の10,800円が1割引きの9,720円で1,080円お得、復路の乗車券も9,720円なので760円お得。合せて1,840円も安くなるのでした。

外部リンク(ラジオライフ.com)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス