まるでオードリー・ヘップバーン!?綾瀬はるかのクラシカルなファッションにうっとり

Movie Walker

2018/2/9 12:00

映画の中のお姫様と純朴な青年の恋。そんなファンタジックなラブストーリーを描いた『今夜、ロマンス劇場で』が2月10日(土)より公開される。綾瀬はるかが本作のヒロインを演じているが、注目したいのは彼女が着こなすクラシカルな衣装!その気品あふれるファッションを紹介したい。

モノクロ映画から飛び出し、映画監督志望の健司(坂口健太郎)に出会ったことで、カラフルな現実世界を体験していくお姫様・美雪(綾瀬)。白黒の世界から来た設定だけあって、冒頭の美雪はモノクロ姿。しかし現実世界の洋服に着替えた瞬間、彼女自身にも色が吹き込まれていく。

劇中で美雪は、黄色のフレアスカートに黒のトップス、カーキ色のタイトスカートにパープルのノースリーブ、ブルー系のストール&ワンピースなどのコーディネートを披露する。頭にちょこんと乗せたベレー帽やシースルー生地の帽子、レースのグローブなど、小物アイテムもおしゃれ。かのファッションアイコン、オードリー・ヘップバーンを彷彿させるかのような上品さだ。

これらのハイセンスな衣装をまとい、ちょっぴりわがままなお姫様を体現する綾瀬。おとぎ話的なキャラクターにも関わらず、彼女のお姫様姿には違和感がない。むしろ綾瀬のエレガントな雰囲気に、終始うっとりしてしまう。一般人には手が届かなそうなオーラを醸しつつ、健司への切ない思いを丁寧に演じているのもさすがだ。

ドレスや普段着など、約25パターンの衣装が用意されたという本作。物語の展開と共に、美雪がどんなファッションで登場するのか、目で見ても楽しい作品となっている。綾瀬の美しさとクラシカルなファッションをたっぷり堪能してほしい!(Movie Walker・文/トライワークス)

https://news.walkerplus.com/article/136774/

あなたにおすすめ