最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

エアリアルヨガ(空中ヨガ)で心が解放。預ける・委ねる・手放すヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エアリアルヨガ(空中ヨガ)で心が楽になる?預ける・委ねる・手放すヨガ
こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティス美宅玲子です。何か1つのことが気にかかって仕方ない時は、他のことが手につかなかったり、イライラしやすかったり、仕事の効率が悪くなったりと、影響が出るものです。心が何かにしがみつこうとしている、執着していることが、人間の常でもありますが、それが様々なストレスの原因であると、大昔からヨガでは言われてきました。今回は、そんな心の重さを、エアリアルヨガ(空中ヨガ)で手放すことができることを、ご紹介いたします。

◆体を預ける、委ねるほどよく伸びるエアリアルヨガ
エアリアルヨガは、大きな布に身体を預けながらヨガのポーズを取っていきます。ぶら下がるのと同じで、体の力を抜いて預け、委ねるようにすればするほど、重力がかかって体はよく伸びるようになります。

緊張して、布にしがみついたようになっていると、いつまでたっても伸びませんし、ヨガの心地よさを感じることもできません。

布に慣れて信頼できるようになってくると、徐々に体の緊張が取れて、布に身体を預けられるようになり、伸びの心地よさを味わうことができるでしょう。
エアリアルヨガ
それは、人間関係や心のストレスにも言えることです。自分を信頼し、人を信頼して任せる、預ける、委ねることができると、心は軽く楽になります。自分を疑い、人を疑い、人に頼ったり任せたりできず、一人で抱えていると、心は重くなります。

体が宙に浮いてくると特に、緊張しやすくなるものですが、かえって力を抜いた方が心も体も楽になります。

宙に浮いたら、どこにも体を固定しておくためのものがなくなりますし、布自体も固定されたものではないので(ゆらゆらゆれる、のれんのように)体がどこかにしがみつこうとしていること自体が、無駄なことに思えてきます。

その結果、心もふっと楽に力が抜けるのです。
エアリアルヨガ
◆逆さになる鎮静効果
エアリアルヨガでは、体を逆さにすることがあります。1日2分間、逆さまの状態を1か月以上続けると、血圧や心拍数が落ち着くというデータが出ています。

しばらく逆さの状態でいると、精神的な鎮静効果があり、不安解消につながります。落ち着いてくるのです。

逆さの状態で体がなじんでくると、元に戻らないと!という焦りもなくなり、ただただ自分の身体と布を信頼して、疑いや緊張を手放すようになります。心が静かになり、逆さから元に戻った後も、そのすっきりとした状態が続きます。
エアリアルヨガ
◆おわりに
いかがでしたか?地面で行う普通のヨガと違って、ゆらゆらする不安定な布を使ったヨガだからこそ、その布に身体を預けることで、心が開き直って解放され、楽になる体験ができるのです。

力を使うポーズももちろんありますが、布に委ねて信頼するリラックス感をキープしています。心身の解放を感じに、興味がある方は体験してみてくださいね。
Photo by fotolia

外部リンク(美LAB.)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス