又吉直樹「火花」は後輩に対する「芸人やめろ」のメッセージだった?

2月8日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、又吉直樹(ピース)が芥川賞を受賞した「火花」の意外な制作秘話が、又吉の後輩芸人・好井まさお(井下好井)から明かされた。

「火花」は売れない芸人を主人公に「笑いとは何か、人間とは何か?」をテーマにした又吉の処女小説で、累計発行部数280万部強を記録した大ヒット作品。

好井は、この小説がドラマ化された際にも出演させてもらうほど、普段から又吉にかわいがってもらっているという。

ある日、喫茶店に呼び出された好井は又吉から「『今、漫才師のストーリーを書いているんだけど、漫才師ってどういう職業かな』」と相談を受けたとか。この小説こそが、後の「火花」。

好井は「僕みたいのに、相談してくれたんだ、と感動して『漫才師とは』って熱弁していたんです」と振り返った。好井いわく漫才師とは「お金をもらって漫才している人だけ。お金をもらえない人は、漫才しているだけ、“だけ”の人は漫才師とは言えない」と断言。

その後に「火花」が出版されると、好井は「どう作品に反映されているのか?」と気になって本を読むと「“漫才師とは、と漫才をダラダラ語るヤツは一生漫才師になれない”って書いてあって…。俺のことどう思ってるんだろうって」。不安をあらわにする好井の話を聞いて出演者たちは大爆笑した。

「他にも“漫才師は漫才をやめても一生漫才師”って僕と真逆のことを書いているんです」。さらに「僕は双子の娘がいるんですが、エンディングで主人公の相方が、双子ができて芸人やめているんです」とポツリ。

好井はあまりにも自身とリンクしている内容に、実はこの作品は好井に対する「『芸人辞めろ!』のメッセージを伝えたくて書いたのでは?」と怒りを爆発させ、「アイツ何いってんねん!」と、最後は恩義のある先輩・又吉を「アイツ」呼ばわりして怒りを吐き出していた。

次回の「アメトーーク!」は2月15日(木)夜11時25より放送。秋山竜次(ロバート)、ウド鈴木(キャイ~ン)、塙宣之(ナイツ)らが「熟女芸人その後…」をテーマにトークを繰り広げる予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136513/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス