500ドルの「髭剃りエフェクトAI」、2500万ドルをかけたプロのVFXをあっさり超える

180209deepler
Image: Deep Fakes

見た時、リアルに震えました…。

『ジャスティス・リーグ』のヘンリー・カヴィル髭問題ってご存知ですか?

『ジャスティス・リーグ』でスーパーマンを演じることになっていたカヴィルですが、撮影時期が被っていた『ミッション・インポッシブル6』では髭を生やしたキャラクターを演じることになっており、さらにパラマウントと「髭を剃らない」契約が交わされていたために、ワーナー側が『ジャスティス~』のスーパーマンにデジタル処理で髭剃りをさせたというものです。

ヒゲ処理含めて再撮影費用に約2,500万ドル(約27億円)かかっただけでなく、処理後の顔が違和感だらけ(私はそこまで変だと思いませんでしたが)でファンから大変不評でした。

そしたら、ですよ。とんでもない事がおきたんです。なんと、500ドル(約5万円)のPCを使ってAIに髭剃りさせた人がいるんですが、違和感ない、というかプロのアーティストの仕事よりも仕上がりが良かったんですよ…。衝撃の事実をこの目で確認してください。



Youtubeの説明欄には以下のような記述があります。

https://www.deepfakes.clubにいけば、フリーソフトウェアでこの技術を使う方法が学べます。

ディープ・フェイクのアルゴリズムはフェイス・スワッピングだけでなく、通常であれば莫大な費用を要するVFXだってできるんです。このデモでは、訓練されたニューラル・ネットワークの髭処理能力を紹介しています。

つい最近、「AIで映像内の顔をスワップできる」という記事が話題になったばかりです。有名人の顔写真なんてサーチエンジンを使えばいくらでもディープラーニングできるし、こういうことができるのも時間の問題だとは思っていましたが、こんなに早く、しかもたった5万円ほどのPCでできるなんて…。

もっと進化して現場での実用レベルになったら、数年でVFX業界の今の体制は間違いなく崩壊します。VFX業界で働く人たちは、AIの可能性と脅威を念頭に、今まで以上に自分をブランディングしていく必要が出てくるでしょう。

これからVFX業界はどうなっていくのでしょうか。真剣に心配です。

Image: Youtube
Video: Youtube

Andrew Liszewski - Gizmodo io9[原文
中川真知子

あなたにおすすめ