最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

本物の緊張感「スリープレス・ナイト」ジェイミー・フォックスが「強そうすぎない」ありがたみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンターテイメントとしての映画に求められている、王道の展開。そして主演ジェイミー・フォックスというキャスティングの説得力。『スリープレス・ナイト』は、これによって強い緊張感が楽しめる作品になった。


巨大カジノを舞台に、怒ったマフィアから息子を取り戻せ!
ラスベガス。深夜の車道で、殺人課の刑事ヴィンセントは相棒とともにドラッグの輸送車を襲撃、25キロのコカインを強奪する。しかし、その際の銃撃戦で麻薬組織の2人が死亡。刑事の立場で証拠隠滅を図ろうとするヴィンセントは、自らが起こした銃撃事件の捜査に志願する。ヴィンセントと相棒は、マフィアからの内部情報を元に金儲けを企む汚職警官なのだ。

一方、汚職警官の摘発を担当する内務調査官のブライアントは、事件現場で警察官向けの銃弾が回収されたことに着目。現場で怪しい行動をとるヴィンセントに目をつける。そんな中、ヴィンセントは別れた妻との間の息子トーマスと車に乗っているところを襲撃され、脇腹を刺された上に息子を誘拐されてしまう。犯人はヴィンセントが強奪したコカインの持ち主であり、カジノ王のルビーノ。息子を取り戻すべく、ヴィンセントはコカインを抱えてルビーノのカジノへ向かう。

ルビーノのカジノには、マフィアのボスであるノヴァクとその手下が押しかけていた。ヴィンセントが強奪したコカインは元々ルビーノからノヴァクへ売り渡されるはずのものであり、取引を潰されたノヴァクは激昂。なんせ相手はマフィアのボス、ルビーノは必死でコカインを取り戻そうとする。

そこに現れるヴィンセント。彼は息子が返してもらえなかった時の保険として、まずコカインの大半をトイレの天井裏に隠し、2つの包みだけを持って交渉に挑む。しかしヴィンセントは内務調査官のブライアントに尾行されており、彼女はトイレで発見したコカインをカジノのスパのロッカーに移す。ここにきて、コカインを返せば息子が戻ってくるはずだったヴィンセントの計画は大きく狂いだす。果たしてヴィンセントは息子を取り戻すことができるのか。そしてヴィンセントの隠された目的とは。

『スリープレス・ナイト』は、元々2011年に製作されたフランスの映画であり、今回公開されたものはそのリメイクだ。舞台はパリのナイトクラブからラスベガスの巨大カジノに移り、ザラッとした実録風だった映像はアクション映画然としたゴージャスなものに変更。アクションもマシマシで、さらに悪役をルビーノとノヴァクという2人にすることで、より先の読めないストーリーへと変化させた形である。

巨大カジノという密閉された空間で、時間制限付き(なんせ取引が遅れたらより怖いノヴァクの父親が出張ってくるのだ)の死闘が繰り広げられるというストーリーは否応なしの切迫感が。加えて、カジノに乗り込む前にヴィンセントは腹を刺されており、この重傷を負った状態で一晩中戦わなくてはいけないという設定もハラハラさせる。『ダイ・ハード』に近い雰囲気の映画だが、ヴィンセントと内務調査官のブライアント、さらに一枚岩ではないマフィア側という、3.5つ巴の戦いは先が読めない。

「ひとつのマクガフィン(この作品では25キロのコカイン)を複数の登場人物が取り合う」という筋立てはアクション映画としては割と古典的だが、ここに「ヴィンセントの息子」というヴィンセントだけにとって重要な要素を加えることでツイストをかけた脚本も秀逸。というか、やっぱり古典的なストーリーっていうのは強いな……と改めて感じさせてくれる内容だ。元々のフランス版からストーリーの大筋は変わっていないので、そりゃリメイクしたくなる気持ちもわかるのである。

強そうで強くない少し強い男、ジェイミー・フォックス
リメイクにあたって「トンチが効いてるなあ!」と感心したのが、主演をジェイミー・フォックスにした点である。「主人公、大ピンチだけどこの後どうすんの!?」というハラハラ感で引っ張る映画なので、ちゃんとピンチっぽく見える人が主人公じゃないと成立しない。例えば主演がスタローンやセガールみたいなアクションスターだったら、強そうすぎてあんまり先が心配にならないのである。あの人たち、ちょっと脇腹刺された程度では死ななさそうだし。

で、ジェイミー・フォックスである。ヴィンセントは汚職警官なので見た目もある程度ワルそうじゃなきゃいけないし、加えて前述の理由から強そうすぎても映画が成立しない。でもある程度は強そうじゃないとアクションに説得力がないし、おまけに息子思いなキャラクターだからあんまりコワモテすぎても困る。

ジェイミー・フォックスの見た目は、そのあたりの条件をかなり満たしている。『ダイ・ハード』がブルース・ウィリスのショボい中年感(といっても最初の『ダイ・ハード』ではウィリスは33歳だったんだけど……)なしでは成立しないように、『スリープレス・ナイト』はジェイミー・フォックスの「ワルそうだけど強すぎなさそう」という絶妙なルックスによって成立しているのだ。スタローンは脇腹刺された程度では死なないけど、ジェイミー・フォックスは痛そうで心配になる! ヒーヒー言いながら敵と殴り合うのも、終始「だ、大丈夫か!?」という気持ちで見られるので、最初から最後までスリルが持続するのがありがたい。

最初のフランス版で主人公を演じていたトメル・シスレーもそのあたりを意識した見た目の人だったけど、ジェイミー・フォックスに関してはほとんど当たり役といってもいいハマり具合。一応続きも作れそうな終わり方だったし、できればシリーズ化してほしい。おれは見に行きます。

【作品データ】
「スリープレス・ナイト」公式サイト
監督 バラン・ボー・オダー
出演 ジェイミー・フォックス ミシェル・モナハン ダーモット・マローニー スクート・マクネイリー ほか
1月20日より公開中

STORY
25キロのコカインを強奪した、悪徳警官のヴィンセント。しかしコカインの持ち主であるカジノ王ルビーノは、報復としてヴィンセントの脇腹を刺し息子を拉致する。コカインをルビーノに返すべくカジノに向かうヴィンセントだが、彼の素行を見張る内務調査官のブライアントに追跡されていた
(しげる)

外部リンク(エキレビ!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス