最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ジン・キニスキー カナダのグレーテスト・アスリート――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第14話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1960年代を代表するスーパースターのひとり。アリゾナ大学フットボール部で活躍後、CFL(カナディアン・フットボール・リーグ)のエドモントン・エスキモーズに入団。

フットボールのオフ・シーズンにカルガリーでスチュー・ハートのコーチを受け、23歳でやや遅いプロレス転向を決意した。エスキモーズ時代のチームメートにはウィルバー・スナイダーがいた。

元プロ・フットボール選手という経歴、6フィート4インチ(約193センチ)、260ポンド(約118キロ)のスーパーヘビー級の体格は文字どおりの大型ルーキーだった。

デビュー当時はジン・ケリー(発音はジーン)というリングネームを使っていたが、1956年にカナダ・トロントのサーキットに合流してからはフットボール時代と同じ本名のキニスキーのままリングに上がるようになった。

キニスキーが観客と対話するプロレス、メインイベンターとしてのプロレスに開眼したのはこのトロント時代だったとされる。

“ホイッパー”ビリー・ワトソン、バディ・ロジャース、パット・オコーナー、ドン・レオ・ジョナサン、フリッツ・フォン・エリック、レジー・リソワスキー(のちのクラッシャー)ら“伝説の男たち”がツアー仲間だった。

1961年にはバーン・ガニアを破り短期間ながらAWA世界ヘビー級王座を奪取(7月7日=ミネソタ州セントポール)。

1964年10月から1965年3月にかけてはニューヨークでWWE世界ヘビー級王者ブルーノ・サンマルチノと因縁ドラマのロングランを演じ、同年夏にはディック・ザ・ブルーザーを下してWWA世界ヘビー級王座(1965年8月21日=インディアナ州インディアナポリス)を獲得した。

そのゴツゴツした風貌といかつい顔だちのせいか各地のプロモーターはキニスキーをヒールとしてキャスティングしたが、ファイトスタイルそのものはあまりヒール的ではなかった。

フェイバリット技はシュミット流バックブリーカー、ニードロップ、キッチンシンク。

遅れてきたルーキーの現役生活の最大のハイライトは、ルー・テーズを下しNWA世界ヘビー級王座を獲得した一戦だった(1966年1月7日=ミズーリ州セントルイス)。37歳のキニスキーが49歳のテーズに引導を渡す形となった。

翌1967年(昭和42年)にはNWA世界王者として来日したが、王座防衛戦はおこなわず、東京と大阪でジャイアント馬場が保持するインターナショナル王座に連続挑戦した(8月10日、8月14日)。

大阪球場に2万人の大観衆を動員したタイトルマッチは延長5分を含む65分時間切れドローとなり、馬場自身が「わが生涯のベストマッチ」と語り、日本プロレス史に残る名勝負となった。

キニスキーはNWA世界王者として3年間、“殺人的”スケジュールをこなした。1960年代はNWA、WWE(当時はWWWF)、AWAの3大メジャーリーグ並立時代。

WWEとAWAが興行会社であったのに対し、NWAは全米各地のローカル・テリトリーがそれぞれ独立採算型の団体として機能する加盟組織だった

キニスキーの仕事は、1年を通じてアメリカじゅうをツアーしながら毎晩のようにちがう土地のちがう試合会場を満員にすることだった。

移動中はいつもスーツとネクタイを着用し、ブリーフケースのなかにはきれいに磨かれた黒革のチャンピオンベルトが入っていた。

キニスキーは“鉄人”テーズを倒し、ひと世代若いドリー・ファンク・ジュニアにチャンピオンベルトをバトンタッチした(1969年2月11日=フロリダ州タンパ)。

キニスキーのふたりの息子、長男ケリーと次男ニックも1980年代にプロレスラーとしてデビューしたが、いずれもこれといった実績を残すことなくフェードアウト。

長男ケリーが偉大なる父とおそろいのメイビーブルーの“CANADA”ジャージーを着ていたのがわずかに印象に残る程度だった。

●PROFILE:ジン・キニスキー Gene Kiniski

1928年、カナダ・アルバータ州エドモントン生まれ。エドモントン・エスキモーズ在籍後、1952年、プロレス転向。アメリカでのニックネームは“Canada’s Greatest Athlete”“Big Thunder”だったが、日本では“荒法師”なる漢字のあだ名で親しまれた。1970年12月、ジャイアント馬場を下しインターナショナル王座を奪取。1992年2月、40年の現役生活にピリオドを打って引退。2010年4月14日、ワシントン州ブレーンの自宅で死去(ブレイン・キャンサー=脳のがん)。81歳だった。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス