【新車】ホンダ・レジェンドがマイナーチェンジ。内・外装を変更し、渋滞運転支援機能を追加

clicccar

2018/2/9 08:03


3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を採用したホンダの最上級セダンであるレジェンドがマイナーチェンジを受け、2月9日から発売されます。

外観では、フロントグリルや前後バンパーの意匠が変更され、よりロー&ワイドで力強い印象を強調。さらに、リヤツインフィニッシャーの採用によりスポーティな走りを予感させるデザインが採用されたほか、前後ライトのデザインを先進的で存在感のある印象に仕上げたそう。

インテリアでは、シート形状が大幅に変更され、安心感のあるホールド性と快適性を両立したとしています。インパネもシルバー加飾が変更されるとともに、カラーバリエーションが追加され、より上質なキャビンに仕立てられています。

ほかにも「インテリジェント・パワー・ユニット(IPU)」の小型化によりトランク容量が13L拡大されたほか、パワートランクを採用され、使い勝手も向上。

走りの面もアップデートされています。ボディやシャーシ、制御など細部までチューニングが施され、ハンドリングと乗り心地をブラッシュアップしたとしています。

さらに、ボディ骨格の接着剤塗布範囲を拡大。剛性感を高め、ダンパー特性などのシャシーセッティングが変更され、エンジンと3つのモーターで四輪の駆動力を自在に制御する「SPORT HYBRID SH-AWD」をさらに熟成させ、操縦安定性や乗り味を深化させたそう。

ドライバーエイド関連も強化されています。安全支援システムの「Honda SENSING」に「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」をホンダとして初搭載。

高速道路などの渋滞時や、0km/hから約65km/hまでの速度域で前走車との車間を保ちながら自車の走行車線をキープするように、アクセルとブレーキ、ステアリングの操作がアシストされます。

ボディカラーは、プラチナホワイト・パール(新色)、スーパープラチナ・メタリック、モダンスティール・メタリック(新色)、マジェスティックブラック・パール(新色)、プレミアムディープロッソ・パール(新色)、ギルデッドピューター・メタリック、プレミアムクリスタルレッド・メタリック(新色)、オブシダンブルー・パール(新色)の計8色。タイプは「Hybrid EX」のみで、価格は7,074,000円です。

(塚田勝弘)

あなたにおすすめ