Netflixの奥に眠る作品を掘り起こす裏コマンド


数千作がラインアップする動画配信サービスの「Netflix」。膨大なコンテンツの中から、見たい作品を探し出すのは結構面倒で、時間がかかります。そこで使いたいのが、超詳細なジャンル検索ができる裏コマンドです。数字の入力で200以上のジャンル作品を表示できるNetflixの裏コマンドを見ていきましょう。

Netflixの奥に眠る作品を掘り起こす裏コマンド

Netflixの裏コマンドはURLの末尾


Netflixの裏コマンドの数はなんと200以上! URL末尾にコマンドを入力することでピンポイントに絞り込めて、埋もれていた作品を掘り起こせるのです。その一部を紹介しましょう。

Netflixの裏コマンドの入力は、まずホーム画面に並ぶジャンルを選択します。この時、選択するジャンルは何でも構いません。ブラウザのURLの末尾にある番号が、ジャンルと紐付けされたコマンドになります。

ここに好きなコマンドを入力してEnterを押せば、超ピンポイントで見たい作品を表示できるというわけ。例えば「水中ホラー」というマニアックなジャンルに絞り込むには「45028」を入力します。

裏コマンドではラブロマンスは「8883」ですが、さらには官能的なラブロマンスが「29281」、情熱的なラブロマンス映画が「35800」、青春ラブロマンスが「53915」、ちょっと変わったラブロマンスが「36103」、名作ラブロマンスが「31273」となります。

Netflixの裏コマンドで絞り込み


ヒューマンドラマは「5763」で表示できますが、LGBTQヒューマンドラマなら「500」、官能的なヒューマンドラマは「794」、軍隊・戦争系ヒューマンドラマは「11」、社会問題に迫るヒューマンドラマは「3947」、ロマンチックなヒューマンドラマは「1255」と裏コマンドで絞り込めるわけです。

「国別」で絞り込むなら、アイルランド映画が「58750」、アフリカ映画が「3761」、イギリス映画が「10757」、イタリア映画が「8221」といった具合。このほか、インド映画が「10463」、オランダ映画が「10606」、ベルギー映画が「262」、スペイン映画が「58741」、中東映画「5875」などです。

その他にも、R18が「80132412」、カルト的な人気映画が「7627」、壮大なスケールの作品が「52858」、ちょっと大げさな映画が「1252」、泣ける作品が「6384」とさまざまな裏コマンドがあります。

あなたにおすすめ