男性ライターが回答! 彼からのLINEが素っ気ないのはなぜ?

愛カツ

2018/2/9 07:00


いまや、カップルの日常には欠かせない「LINE」。連絡が取りやすくなった反面、男性から来る内容の素っ気なさに「好きじゃなくなったの?」なんて考えてしまう方もいるようです。

そんなときには、男性にとっての会話の本質を知り、彼がどういうつもりで送ってきているのかを解析してみるのが◎。解決の糸口が見えてくるかもしれません。

男はキープしておこうと思って告白を受けた

■ ■共感したい意図が伝わっていない

男性と女性のコミュニケーションは、基本的な目的が違っていたりします。女性にとって会話とは、相手のことを理解し、感じていることを共有したり共感したりするもの。してほしいことをお互いにし合い、親密な関係の中で安心感を得ようとする傾向にあります。

一方、男性にとって会話とは、情報の伝達と共有。自分や相手に価値を付け、何者であるかをハッキリさせ、確定要素を増やすことで安心感を得ようとする傾向にあります。

そのため、女性が共感してほしい! とLINEを送ったとしても、男性は、女性が感じたことではなく、「それがなんなのか、どんな意味があるのか」という話題として受け取りやすいもの。

「○○だと思わない!?」と送られてきても、彼にとっては「○○ということを、彼女がそう感じた」という情報でしかなく、「そうなんだ」と返信する以外、思いつかないことがあります。これは男女の考え方の差。決して、どうでもいいと思っているわけではないのです。

■ ■必要な情報以外を省きがち

男性には、狩猟時代の本能が、残っていると考えると少し納得できるかもしれません。

獲物を狩るためには、風向きや障害物、攻撃を仕掛けるタイミングといったたくさんの情報が必要です。そして、大切なことを忘れないよう、これ以外は喋らないほうがいいと判断してきたそうです。

彼からのLINEがそっけないのは、これと同様。無意識のうちに、「必要な情報」と「不必要な情報」を整理して送ってきているからかもしれません。

「明日のデート、寝坊したらヤバイやつだよね(笑)。○○と○○も行きたいし、時間があったら○○もいきたいけどどう?」と送ったとします。

これを、必要な情報だけを整理して返すと、「わかった。明日○時には起きるようにする。○時までに、行きたいとこ回ったら、○○も行けるでしょ」と、ほぼ情報オンリーの素っ気ない返事になってしまうのです。

でも、楽しみにしていないわけではありません。ちゃんと彼女の要望に応えられるよう、文字のやりとりで伝えるべきこと、伝えるべきでないことを、彼なりに仕分けしているのです。

■ ■文章で伝えるのが苦手な人も

中には、文章で感情を表現したり、相手の感情を読み取ったりするのが、苦手なタイプの男性も多いもの。文章や文字は、情報を伝える上では優れていますが、自分が上手く文章で気持ちを伝えられない、相手の気持ちを読み取れないという経験があれば、なおのことLINEでは素っ気ないかもしれません。

そんなときは、LINEで気持ちを伝えてほしいと無理強いするのではなく、会ったときにたくさん話しをするのが◎。会ったときに心を開いてくれていれば、心配することなんてなにもないはずです。(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス