Kis‐My‐Ft2北山宏光、映画初主演で父親&猫役 『トラさん』実写化決定

 漫画家・板羽皆原作の『トラさん』が実写映画化されることが決定し、Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初主演を務めることが分かった。

【写真】Kis‐My‐Ft2北山宏光出演『愛の唄を歌おう』公開稽古&囲み取材フォトギャラリー

2014年より「月刊YOU」(集英社)で連載され、シュールな世界観とあたたかいストーリーが人気を博した同名作品を実写映画化する本作。酒とギャンブルに溺れる、売れない漫画家・高畑寿々男が突然の死を体験した後、愛する家族の元に1か月間だけ猫の「トラさん」として帰還する。

本作が映画初出演となる北山が主人公を演じ、父親の高畑と猫の姿になったトラさんの2役を担当。多部未華子が高畑の妻・奈津子に扮し、娘の実優を平澤宏々路が演じる。

映画初出演で初主演となる北山は「今回のお話を頂いて、まず『僕が?』っていう驚きがありました」と明かし、「『猫役なんだけど』と聞いた時は、『どういうこと?』と思いました」と役柄に仰天した様子。撮影に向けて「今、猫の動きを研究中です。やっぱり見ちゃいますよね(笑)。子供の頃、猫を飼っていたので、一緒に遊んでいた時のことを思い出したりもしています。細かな仕草などにもこだわって演じてみたいです」と意気込みを語っている。

多部は、原作を読んだ感想を「クスッと笑えてしまうのに、胸が締め付けられるような場面もあり、とても面白く読ませていただきました」と話し、共演する北山について「バラエティ番組でご一緒したことがあるのですが、輪の中心となって場を盛り上げてくれるイメージがあるので、現場が今から楽しみです」とコメント。

原作者の板羽は、「映像化を決めて動いて下さった全ての方に、心より感謝申し上げます。キャストの皆様も大好きな方々で、今から映像になったトラさんを観るのが楽しみで仕方ありません」と期待のメッセージを寄せている。

映画『トラさん』は2019年全国公開。

あなたにおすすめ