食べて遊べて風呂まで入れる茨城県『にんたまラーメン』が話題 あのアニメと勘違いする人も

しらべぇ

2018/2/9 05:00


(ahimaone/iStock/Thinkstock/画像がイメージです)

茨城県の名物として、ラーメンを思い浮かべる人は多くないだろう。しかし、「水戸黄門」の名で知られる水戸藩主・徳川光圀が、「日本で一番最初にラーメンを食べた」という話は有名。

さらに全国にチェーン展開する山岡家は、茨城県牛久市が発祥だ。8日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』では、隠れたラーメン王国、茨城県の謎に迫った。

その中で紹介された、「食べて遊べる一風変わったラーメン屋」が話題になっている。

■食べて遊べるラーメン屋?


番組では茨城県民に有名なラーメンをインタビューすると鳥のチャーシューを使用した「下館ラーメン」や茨城県名産の赤ネギが入った「豆腐味噌ラーメン」など様々なラーメンが紹介された。

中でも、一風変わっていたのが「にんたまラーメン」と呼ばれるお店。どのようなお店なのか尋ねると茨城県民は…

「面白くておいしい。遊びに行くラーメン屋」

「田舎だから娯楽もないから、そこでラーメンを食べて遊んで帰る」

「お腹もいっぱいになって暇つぶしに居座れる。田舎の遊園地」

と、食べて遊べるという不思議なワードが飛び出した。店内にはドリンクバーやマンガさらにゲームコーナが完備されていて、まさに食べて遊べるラーメン屋。小美玉市の店舗には、お風呂に入ることまでできる。

■にんたまラーメンに行ってみたい!


視聴者からは、「行ってみたい」という声が続出している。






■あのアニメと勘違い?


「にんたまラーメン」は「にんにくたまごラーメン」の略称だがNHK・Eテレで放送中の『忍たま乱太郎』と勘違いする人も多く見られた。






■ラーメンがおいしそうな都道府県は?


しらべぇ編集部は、全国20~60代男女1,349名を対象に調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

茨城県は3.3%で5位という結果に。

知名度も低くラーメン王国というイメージがなかった人も多いだろうが、今回の放送で様々なご当地ラーメンが紹介され、おいしいだけでなく楽しいラーメン屋も存在していることがわかった。

今回の放送をきっかけに「茨城ラーメン」に興味を持った人は、おそらくかなり存在することだろう。

・合わせて読みたい→氷室京介の大ファンが店主のラーメン店『麺屋 京介』が魂を抱かれる美味さ

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月13日~2017年3月9日/2015年3月31日~2015年4月20日
対象:全国20~60代男女44,949名/88,321名(有効回答数)

あなたにおすすめ