最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

原田美枝子の次女・石橋静河、母と同じ新人賞 「女優をやりたくなかった」過去も<第60回ブルーリボン賞>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【石橋静河/モデルプレス=2月8日】原田美枝子の次女で女優の石橋静河が8日、都内で行われた「第60回ブルーリボン賞」の授賞式に出席し、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」で新人賞を受賞した。

石橋は「受賞できたのは、いつも自分の周りにいる家族や友達、映画を見てくれた人たちのおかげだと思います。たくさんの人が評価してくださり、映画は一人で作るものじゃないんだなと実感しました。これからはもっとお芝居を勉強して、多くの人に楽しんでもらえる女優になりたい」と喜びを語った。

◆石橋静河、原田美枝子から祝福



今回の新人賞は、1976年に母・原田も受賞している。司会の大竹しのぶは「お母さんと私は17歳の時に朝の連続テレビ小説で共演したの。美枝子ちゃん、なんかおっしゃってた?」と聞かれると、石橋は「おめでとうって言われました」と明かした。

◆石橋静河、女優をやりたくなかった過去も



また大竹から「小さいときから女優になりたかった?」と問われると「大変だなぁと思ってたのでやりたくないと思ってました」と意外な答えが。

そんな石橋が女優を目指したきっかけは「留学をして帰ってきて、日本の映画を観て面白いと思い、こういう人たちと出会いたくてはじめました」とのこと。

映画の撮影は「辛かったです。辛いのがだんだん楽しくなっていく」と振り返った。

◆石橋静河、2015年に女優業スタート



1994年7月8日生まれの石橋は、幼少期よりクラッシクバレエをはじめ、2009年にアメリカとカナダへダンス留学。コンテンポラリーダンサーの活動を行っていたが、2015年に女優業をスタートさせた。

◆ブルーリボン賞



ブルーリボン賞は、東京のスポーツ7紙の記者で構成された「東京映画記者会」が主催する映画賞。1950年に創設され、今年度で60回目を迎える。司会者を、前年度に主演男優賞、主演女優賞を受賞した俳優が務めるのが特徴。

第60回は、主演女優賞を新垣、主演男優賞を阿部サダヲ、作品賞は岸善幸監督の「あゝ、荒野」が受賞。ほか白石和彌監督、ユースケ・サンタマリア、斉藤由貴、石橋らが受賞した。(modelpress編集部)

◆第60回「ブルーリボン賞」と登壇者



作品賞:『あゝ、荒野』(岸善幸監督)
監督賞:白石和彌『彼女がその名を知らない鳥たち』
主演男優賞:阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』
主演女優賞:新垣結衣ミックス。
助演男優賞:ユースケ・サンタマリア『あゝ、荒野』『泥棒役者』
助演女優賞:斉藤由貴『三度目の殺人』
新人賞 石橋静河:『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
外国作品賞:『ドリーム』(20世紀フォックス・平山義成氏)
司会:松山ケンイチ、大竹しのぶ

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス