最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ナダル『アメトーーク!』に恨み節、5歳児にバカにされる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2月1日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に“コロチキ”こと、コロコロチキチキペッパーズのナダル(33)が出演。芸人仲間からひんしゅくを買ってしまったエピソードを披露され、MCの雨上がり決死隊宮迫博之(47)にツッコまれる場面が見られた。

今回の放送は、“ひんしゅく体験! ナダル・アンビリバボー3”と題して、約1年ぶりにナダルのひんしゅくエピソードを披露するというもの。この企画は2016年8月に放送された『プレゼン大会』で、相方の西野(26)がナダルのダークな本性を暴露したことから始まった。

前々回は先輩芸人に対して失礼な発言を連発し、前回は先輩のネタを丸パクリしていることが暴露されたナダル。第3回は西野のほか、FUJIWARAの藤本敏史(47)、ジャングルポケットの斉藤慎二(35)ら5人が証言者として登場し、まずは西野がナダルのことを「ええかっこしい」「イジられるのが大嫌い」「空気が読めない」「先輩に対して失礼」と説明した。そして、いよいよニセ番組のドッキリで呼び出したナダルが、スタジオに入ってきた。

藤本から『アメトーーク!』でイジられることをどう思っているのかと問われると、ナダルは「正直、ちょっとキツイっすよ!!」とキレ気味で、前回の放送後、自身のツイッターに「ほんま何もしてないのに、“今すぐ消えてなくなれ!!”とか来るんですよ!」と告白。15年のキングオブコントで優勝した頃は、子どもたちのヒーローで「ナダル~」と声をかけられていたのに、今は5歳の子から「おまえヤバいな」と言われると悔しそうに語った。

そして、スタジオの証言者たちが“ひんしゅく体験”を披露することに。藤本は『アメトーーク!』でナダルの実家ロケを提案したとき、“親NG”とかたくなに断わっていたのに、『内村てらす』(日本テレビ系)で実家ロケをやっていたことを暴露。

理由を問われたナダルは、「『内村テラス』はホッコリした番組なんです。『アメトーーク!』は意地悪もあるかな」「僕んちの親は意地悪NGなんです」と説明したのだが、宮迫から「なんで俺らが、おまえのご両親に意地悪せなあかんねん!」とツッコまれていた。

続いて、斉藤が「プールの話」、西野が「コウモリぶら下がり」というナダルの新たな“ひんしゅく体験”を披露しようとしたが、ナダルが「プァー!」と奇声を上げて妨害。それならと、西野がナダルが漬物屋で働いていたときのエピソードを披露しようとしたのだが、ナダルは「全部嘘ついてるやつやもん。謝ってないもん……」と、謎の言い訳をしながら頭を抱えていた。

「この後も数々の“ひんしゅく体験”や衝撃VTRを披露され、ナダルは大きなダメージを受けていましたね。ただ、番組の最後に先輩芸人に向け、謝罪の土下座をすることになったのですが、床にひざをつけず、普通のおじぎのような土下座だったため、中途半端だとダメ出しされるなど、本当に反省しているのかは疑問が残る態度でした」(お笑いライター)――芸人はいじられてなんぼ!


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス