『あたし おかあさんだから』の炎上騒動について だいすけお兄さんが謝罪 / ネット上では「謝ることない」との声多数



NHK教育番組『おかあさんといっしょ』の第11代目歌のお兄さん、横山だいすけお兄さん。2017年3月30日に番組を卒業し、現在は動画配信サービスの「Hulu」で初の冠番組『だい!だい!だいすけお兄さん!!』に出演している。

その番組の最新話で発表した曲の歌詞がネット上で物議をかもし、炎上する事態となった。これを受けて、だいすけお兄さんはブログで謝罪をしている。

・だいすけお兄さんの投稿

「みなさん、この度はご心配をおかけしてすみません。(中略)しかし今回、理由はどうあっても結果的に応援してくれているみなさんを傷つけてしまったり辛い思いをさせてしまいました 」(横山だいすけ公式ブログより)

この騒動は、番組の第9話で発表された『あたし おかあさんだから』の歌詞にまつわるものだ。その内容に批判が相次ぎ、作詞を担当した絵本作家・のぶみ氏もTwittrerで謝罪している。歌を担当しただいすけお兄さんの謝罪について、多くのファンは困惑している様子だ。

・だいすけお兄さんの謝罪への反応
「あなたは謝らなくていいんですよ」
「お兄さんは謝らなくても」
「なんで謝らなければならないのだろう」
「なんで謝罪してるのかまったく理解できない」
「つまらない世の中になっちまった」
「誰も謝る必要無いよ」
「だいすけお兄さんが謝る事じゃないのに」

……など。

だいすけお兄さんは何かしら責任を感じて、少しでも不快に感じた人の気持ちを和らげるために、ブログに謝罪の言葉をつづったのではないだろうか。しかし歌詞の内容をだいすけお兄さんに問うのは、筋が違うようにも思う。

・なぜ謝罪?
一部のネットユーザーが言うように、炎上騒動の先には謝罪しかないのだろうか? 謝って解決する道しかないのだろうか? 不本意ながらも騒動に巻き込まれてしまった人だっているというのに……。誰が誰に謝罪を求めて、誰が誰に謝っているのかさえも、もうわからなくなっている。

参照元:横山だいすけ公式ブログ、Hulu「だい!だい! だいすけお兄さん!!」、Twitter @nobumi2010スポーツ報知、Yahoo! リアルタイム検索
執筆:佐藤英典
イラスト:マミヤ狂四郎

関連ツイートはこちら
Related Stories

あなたにおすすめ