最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

立川末広が「ネム」で大損「井崎脩五郎 競馬新理論」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


競馬ファンは、馬の名前を略して呼ぶのが好きだ。その走りとなったのが、クイーンCや京都牝特を勝ったスカーレットブーケで、略して「スカブー」と呼ばれていた。ナリタブライアンは「ナリブー」。こういう略し方は日本だけのことかと思っていたら、そうではないらしい。

■香港競馬で大勝負したら… 去年の暮れ、香港競馬を観戦に行った立川末広に聞いた話だが、香港カップに出走したフランスのガルリンガリ(GARLINGARI)のことを、応援ツアーでやってきたフランスの女性競馬ファンは、略して“ガルガリ”と呼んでいたという。そのフランスの女の子に聞いたら、ブルガリ(BVLGARI=高級宝飾メーカー)にどこか似ていて、ステキでしょ――という答えだったそうだ。その際、同じ香港カップに出ている日本のネオリアリズム(NEOREALISM)について、この馬を略して呼ぶとしたら――と聞いたところ、「ネム(NEM)がカッコいいわねえ」と答えたという。

立川末広はそのネオリアリズムの単勝で大勝負して大損(3着)。今、仮想通貨ネムの大量流出で大騒動が起きているが、立川末広は妙に威張って、「ネムで大損したのはオレのほうが先き」とうそぶいている。

井崎脩五郎(いさき・しゅうごろう)1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス