最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「AERA」増大号 表紙に羽生結弦登場、蜷川実花が撮り下ろし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「AERA」(朝日新聞出版)は、2月10 日発売の2月19日増大号の表紙に、男子フィギュアスケート平昌五輪代表の羽生結弦を起用した。写真は「AERA」表紙フォトグラファー蜷川実花の撮り下ろしとなっている。
羽生結弦がアエラの表紙に登場するのは、2011年11月、14年11月に続いて3度目。最初の登場の後の11-12年シーズンは、初出場した世界選手権で銅メダル。日本男子史上最年少の17歳3カ月でワールドメダリストとなり、世界中が羽生結弦というフィギュアスケーターを知ることになった。
main (2)
オリンピックチャンピオンとして2度目の登場を果たした後の14-15年シーズンは、リンク上での衝突事故や手術などアクシデントに見舞われながら、グランプリファイナル2連覇を達成。やはり記憶に残るシーズンになった。そして3度目の今回。連覇のかかった平昌五輪での演技に期待が高まる。
「表紙の人」のインタビューでは、取材などで自身が話をすることが後の自分にとってどんな意味を持つのか、羽生らしい言葉で語っている。中面では、やはり蜷川実花が撮り下ろした写真とともに、平昌五輪で予想される羽生のプログラムについて、詳細な分析を試みた。
<雑誌情報>
AERA (アエラ) 2018年 2/5 号
特別定価:410円(税込)
発売日:2018年2月10日

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス