メーガンさんの異母兄、妹に他人扱いされ「平手打ちを食らった気分」

英ヘンリー王子との順調交際を経て、昨年に婚約を成立させたメーガン・マークルさん。しかしこれを機にメディアに追われる身となった異母兄のトーマスさんは、職を失い3度も引っ越すはめになったとのこと。メーガンさんに助けを求めようと連絡したものの返事は無く、極め付けには弁護士を通し「知らない人」などと言われてしまったという。

「遠く離れた家族なので、そういう人は知りません。」

弁護士を通し「妹メーガン・マークルのこんな言葉を聞かされた」と憤っているのは、メーガンさんの異母兄で現在51歳のトーマスさんである。

「ずいぶん辛辣じゃないですか。顔に平手打ちを食らった気分ですよ。」

「僕と妹はとても仲が良かったのですから。」

そうも述べ肩を落としたトーマスさんは、メーガンさんがドラマ撮影のため2011年にトロントに拠点を移してからは疎遠になっていたとのこと。「それでも子どもの頃はずいぶん長い時間を一緒に過ごしたんですよ」というトーマスさんは『InTouch』の取材に応じ、「妹には手紙を書きました。でも返事すらありません」と明かしている。

しかしトーマスさんは昨年の大晦日、交際相手と口論になり酔った相手に暴力を振るわれるなどして警察沙汰になっていた。さらに2017年1月にはトーマスさんも酔って、お相手と口論になった末に相手を銃で脅し逮捕されていたのだ。そのことで「妹に恥をかかせた」と感じたトーマスさんはメーガンさんに謝罪したいと考えたもよう。また「メディア対応についても援助してもらえたら…」と望み「弁護士を通しメーガンに連絡を入れた」というのだが、メーガンさんの反応は…?

「僕の弁護士が、妹の弁護士と電話で話し合いました。その後、弁護士を通しメーガンの言葉をそのままメールで送ってもらいました。そこにはこう書いてあったんです。『遠い家族にあたる人物です。この人達を私は存じ上げません』と。」

またトーマスさんは過去にも「妹とヘンリー王子の婚約で注目を集めるようになってしまいました」「家族全員がストレスを受けている」と明かし、「プレッシャーから逃げるために飲み過ぎてしまうこともあります」などとコメントしていた。

「問題を起こさず普通に暮らしてくれたらどんなに気が楽になるか…。」

ただでさえ王室への嫁入りを前に緊張しているメーガンさんは、自身とヘンリー王子の立場を考慮しあえて接触を避けているもよう。メーガンさんの深いため息が聞こえてきそうである。

画像は『The Royal Family 2018年1月19日付Instagram「Prince Harry and Ms. Meghan Markle watch a traditional Welsh performance during their visit to Cardiff Castle, home to the Welsh Culture Festival.」(PA)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス