【Samuel】“16”段のケーキで祝福! 16歳の新世代ソロ歌手に1000人が歓声

ウレぴあ総研

2018/2/8 17:53

16段ケーキでお祝い! 16歳Samuel
弱冠16歳、今大注目の新世代K-POPソロアーティスト、Samuel(サムエル)が、日本デビューシングル『SIXTEEN-Japanese Ver.-』の発売日当日の2月7日、東京・お台場のヴィーナスフォート2F教会広場にて、日本デビュー記念フリーライブを開催した。

Samuel
会場には1000人ものファンがお祝いに駆けつけ、日本デビュー曲『SIXTEEN -Japanese Ver.-』が流れ、Samuelがステージに登場した途端、割れんばかりの歓声が。熱気に包まれる中、Samuelは日本での初パフォーマンスとは思えないくらい、堂々と軽快な歌とダンスを披露。曲の最後にオリジナルの“16(SIXTEEN)”ポーズを決めると、「キャ~!」といった黄色い歓声が上がった。

日本語で「こんにちは、Samuelです!」とまずは挨拶。日本で行ってみたいところは「初めて日本に来た時は、ドン・キホーテに行ってみたくて、実際行ってみたらとても楽しかった。次に行ってみたいのは、ディズニーランド」と回答し、「ヴィーナスフォートで買い物もしたいです」。16歳らしいあどけない部分が垣間見えた。

通常盤に収録されている『With U』も急遽アカペラ披露し、ファンを驚かせる場面もあった。

Samuel
またこの日は、“サプライズ”もあった。1月17日に16歳の誕生日を迎え、『SIXTEEN』で日本デビューを果たしたお祝いに、会場のファンから『Happy Birthday』の歌がプレゼント。さらに、16歳と楽曲にちなんで、16段のケーキも登場すると、Samuelは、とても驚いた表情で「すごいね!」を連発。

そして、ケーキを囲んでファンとともにSIXTEENポーズで記念撮影をすると、“お返し”とばかりに、誕生日にSamuelがファンにプレゼントとしてYouTubeにて公開した新曲『Winter Night』を披露した。

最後は、覚えた日本語を一生懸命思い出しながら、「今日はありがとうございました。日本の活動も頑張りますので、応援お願いします!」と挨拶。『SIXTEEN』の韓国語オリジナルVer.をパフォーマンスし、手を振りながらステージを後にした。

なお、Samuelは、2月10日(土)に大阪、2月11日(日)に東京で、シングル購入者を対象としたリリースイベントも開催。パフォーマンスだけではなくSamuelの“少年のキュートさ”と“青年のセクシーさ”も直に感じることのできるイベントとなりそうだ。

2月22日発売の雑誌『韓流ぴあ』3月号では、Samuelをインタビュー&グラビア4ページでご紹介! お楽しみに!!

あなたにおすすめ