最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

斉藤由貴「お母さんごめんね ありがとう」32年ぶり受賞に声震わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京映画記者会(スポーツニッポン新聞社など在京スポーツ7紙で構成)が選ぶ「第60回ブルーリボン賞(17年度)」の授賞式が8日、東京・イイノホールで行われた。助演女優賞の斉藤由貴(51)は「夢みたいな気持ちです」と感涙。また、この日は、会場に母親を招いていること明かし、客席に向かい「お母さん、ごめんね。来てくれてありがとう」と呼びかける場面もあった。

 「三度目の殺人」に出演し、「雪の断章―情熱ー」で第28回(85年度)に新人賞を贈られて以来32年ぶりのブルーリボン賞。胸元の開いた黒いシックなドレス姿で登壇した斉藤は、会場を見わたし、深呼吸してから「本当にありがとうございます」とあいさつ。「受賞の記録はありますが、どのように賞をいただいたのかまったく覚えていません。思いがけず年月が経ってからいただけて夢のようです。思いがけないプレゼントだと思います」と、声を詰まらせながら喜びの言葉を続けた。

 昨年8月に起こした不倫騒動のダメージの残る中での受賞となった。「何人か呼んでもいいということだったので。母に来てもらっています」と告げると「お母さん、ごめんね。来てくれてありがとう」。まるで騒動をわびるかのように、母親に向け謝罪と感謝の言葉を述べた。そんな中、司会を努めた女優・大竹しのぶ(60)が「昨年は大変なこともあったけど」と、あえて騒動に触れて斉藤が慌てる場面も。そんな大竹に対し、斉藤が「きょうは大竹さんに会えてうれしい」と話すと、大竹が「私もいろいろあったから?」と返し場内は大爆笑。先輩女優とのやりとりに、斉藤もこの時ばかりは笑顔があふれていた

外部リンク(スポニチアネックス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス