最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

初演よりも難しい! 石井マークが挑んだ2回目の落語で見せたキレ味とは!? 声優落語天狗連第十四回レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TVアニメ「昭和元禄落語心中」とのコラボレーションをきっかけに始まったイベント「声優落語天狗連 第十四回」が、2018年1月27日(土)に浅草・東洋館にて開催されました。

プロの噺家による落語と声優が落語に挑戦する「声優落語チャレンジ」、趣向が違う2つの落語を楽しめるイベントもついに14回目。高座に上がる声優や噺家のファンだけでなく「声優落語天狗連」のファンだという人たちも着実に増え、会場となった東洋館館内はたいへんな熱気に包まれました。

幕が開け、期待高まる客席から大きな拍手で迎えられたのは、イベントの発起人であるMCの2人、ニッポン放送アナウンサー 吉田尚記さんと、お笑いコンビ「米粒写経」のメンバーで国語学者でもあるサンキュータツオさん。イベントは毎回恒例、2人のトークから始まりました。

今回のトークコーナーは、落語から少し離れて辞書の話題からスタート。なんとタツオさんは、10年ぶりに大改訂され発売されたばかりの広辞苑第七版に執筆されているとのこと。この度の大改訂では、アニメ、漫画、特撮などの項目が追加されたそうで、「(自分より)国語辞典に詳しい人はたくさんいるし、アニメ、漫画、特撮に詳しい人もたくさんいる。けれど、両方を知っている人っていうのはいないみたい(笑)」と語ると、場内からは大きなどよめきがおこります。

担当したアニメ、漫画、特撮関連の新規項目追加と加筆修正の提案は、数年前に行なわれ、「ツンデレとか提案しなかったの?」という吉田さんの質問に、「入れるべきだと提案したんだけれどダメだった」と悔しそうにタツオさんが答えると、会場はさらに大きなどよめきが。入らなかった理由についてタツオさんは“言葉の意味がまだ定着していないから”と語り、世代間で用法が分かれる“生きた”言葉は広辞苑には載らず、いわゆる死語になって初めて掲載されることが多いと説明。だから言葉はもちろん、人も故人でないと一部の例外を除き、掲載されることはほとんどないそうです。

今回の改訂でタツオさんは、漫画家の赤塚不二夫先生と、コンピュータゲームの開発者で後生に大きな影響を与えた横井軍平さんを提案し掲載されたそうですが、「出﨑統監督と金田伊功さんは掲載されなかった……アニメ関係者で影響を受けていない人なんていないのに!」と、とても残念そうな様子。ですが、「のらくろ」の作者である田河水泡先生の加筆修正は採用され、「落語作家として有名」という一文が追記されたとのこと。

そして、「とにかくこれを報告したかった!」というタツオさん。なんと「二次元」の項目で提案した修正項目が通り、それまでの数学的な解説に加え、漫画やアニメ、ゲームとそれらに登場するキャラクターを指すという解説が加えられ、しかも用例は「二次元に恋をする」とタツオさんが発表すると、客席から大きな拍手が沸き起こりました。

その後も“言葉”にまつわるディープな話は続き、広辞苑に古今亭志ん朝師匠は載っていないのに立川談志師匠が載っているのはなぜか?といった話など、ディープで濃い話題が展開されました。

次に「声優落語チャレンジ」へ。今回は、2回目の挑戦となる石井マークさんが登場。今回石井さんを抜擢したかについて吉田さんは、「今までと違った形にしたいと思った時、常に火中の栗を拾うのに適した男」と紹介。初演より難しいと言われている2回目の高座を、石井さんなら“2回目の面白さ”として形にしてくれるのではないか、と期待を語りました。

恒例となった稽古風景をまとめた映像では、1回目の経験をすっかり忘れて頭を抱えている石井さんの姿が……。そんな石井さんに、稽古番である立川志ら乃師匠からは「成功体験をもう一度と思ってしまう、これが怖い」と厳しい言葉が投げかけられます。映像をみたタツオさんも、「1回目はのびのびとやれるが、その“のびのび”を2回目もできるかは別」と語り、客席も少しずつ緊張感が高まっていきます。

そんな少しピリっとした空気の中で始まった石井さんの声優落語チャレンジ。演目は「平林」。大家から平河町の平林宛へ手紙を渡すように頼まれた“八っつあん”。しかし彼は無筆で宛名を読むことができません。宛先を忘れないよう、「ヒラバヤシヒラバヤシ」とつぶやきながら歩いて行きますが、結局忘れ、その都度、町の人に宛名を読んでもらうハメに。ですが、町の人は誰も正しく「ヒラバヤシ」とは読んでくれず、八っつあんはどんどん焦っていき……という、たくさんの人が入れ替わり立ち替わり登場する難しい噺です。

舞台にあがった石井さんは少し緊張した様子でしたが、話が始まるとそんな様子はみじんも見せず、個性的な登場人物たちと焦ってパニックになる八っつあんを熱演。客席は大きな笑いに包まれました。

口演が終わっての感想タイムでは、さすがにホッとした様子の石井さん。年が明けてから始まったという短い練習期間で、前回より登場人物が多い噺をまとめ上げるのはとても大変だったそうです。

ですが、吉田さんからの「でも壊れた役は本当に楽しそうに見えるよ」という言葉に、「普段なかなかそういうキャラクターを演じる機会がないんですが、本当はそっちのほうがスキなんです(笑)」とコメント。そんな石井さんの言葉にタツオさんは、「ならば次は『湯屋番』かなあ~」と語ると、落語好きの客席からは笑い声があがりました。

そんな弟子の挑戦に志ら乃師匠は、「1回目はがむしゃらにやれるけど、2回目は自分で“あそこにまた登らなきゃいけない”と勝手に枷を作ってしまう。それが怖い」とコメント。稽古ではそこから解き放つために抑える指導はせず、山場でパニックを起こす八っつあんのくだりの1点突破だけを指示し、後は自由にやってもらうようにしたと稽古を振り返りました。

最後に登場したのは、2017年9月に真打ちに昇進された古今亭志ん五師匠。タツオさん曰く、「落語家は真打ち昇進前と後、その周辺が一番の見時。古典も創作もやり、映画『の・ようなもの のようなもの』では主演した松山ケンイチさんの指導もされた人。創る能力のある人がやる古典を楽しんでほしい」と紹介。

大きな拍手に迎えられ登場した志ん五師匠は、枕で「松山ケンイチさんに色々聞かれたんですよ。落語家ってどうやって食べてるんですか?って」と抜群のつかみを披露。淡々と語る口調で、ぐいぐいと客席を噺に引き寄せていきます。

そんな志ん五師匠が口演するのは「子別れ」。腕はいいが酒と女にだらしない熊五郎。そんな旦那に愛想を尽かし、奥さんは子ども(亀坊)を連れて出ていってしまいます。それから3年――心を入れ替えて酒を断ち真面目に仕事をしていた熊五郎が出入り先の番頭さんと連れだって歩いていると、街角で息子の亀坊に出くわします。大きくなった息子の姿に思わず声をかけてしまった熊五郎は……。笑いと涙が交叉する、人情噺の名作です。

噺が終わり志ん五師匠が深々と頭を下げると、大いに笑わせ、そして泣かせる名人の芸に客席から割れんばかりの拍手が沸き起こります。口演後のトークで志ん五師匠は「今日は本当にデキがよかったです」と嬉しそうに語ると、志ら乃師匠は「いますごい瞬間に立ち会っているっていうのがわかる、すごい口演だった。これが古今亭かぁ~!」と興奮気味にコメント。その後も同世代の師匠同士だからできる爆笑トークは続き、盛りだくさんの2時間はあっという間に終了の時間となってしまいました。

最後の挨拶でタツオさんが「お客さんの噺を聞くレベルが猛烈に高い」と感想を述べるほど、送り手と受け手が幸せな関係で結ばれている「声優落語天狗連」。次回 第15回は声優落語チャレンジに山谷祥生さん、プロによる口演は入船亭扇里師匠をお迎えして4月1日(日)、場所は同じ東洋館にて開催されます。(WebNewtype)

https://webnewtype.com/news/article/136757/

外部リンク(WebNewtype)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス