2018年にブレークするのは誰? 検索数から見るお笑いタレント

gooランキング

2018/2/8 17:00

年末年始にお笑い番組を楽しまれた方は多いと思いますが、毎年さまざまなお笑い番組が各局から放送されています。中でも白熱のネタバトルが繰り広げられるお笑いバトル番組は、グランプリや準グランプリを獲得したお笑いタレントがブレークする事も多く、人気が高いですよね。
今回は2017年の年末に世間から注目され始めたお笑いタレントたちの、2018年の滑り出しを検索ログからみていきましょう。

2018年も「ブルゾンちえみ」は安定の滑り出し
2017年に大ブレークしたお笑いタレントといえば、やはり「ブルゾンちえみ」です。2017年の元旦に放送された『ぐるナイおもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP』で優勝し、その後は『ぐるぐるナインティナイン』の人気企画「ゴチになります!」にも出演、春にはドラマ『人は見た目が100パーセント』で女優デビューも果たしています。夏に放送された日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う』では100kmマラソンのランナーに選ばれるなど、まさに“2017年の顔”として大活躍でしたね。
年末年始の番組では彼女の姿を見かける機会が多かったですが、2017年のgoo検索ワードランキングでも人物部門で2位にランク・インし、人気が定着してきています。しかし、検索数でみると実は“あの芸人”がすぐそこまで迫ってきています。

CMにも出演、「にゃんこスター」は一発屋で終わるのか?
「ブルゾンちえみ」に検索数で迫ったのは、2017年の『キング・オブ・コント』で準優勝した「にゃんこスター」でした。2017年12月から放送されていたワイモバイルのCM「リズム縄跳び部」篇では、斎藤工や桐谷美玲と共演、斎藤工のリズム縄跳び完コピも話題になりましたね。メディアへの露出もあり、年末年始の検索数は「ブルゾンちえみ」とほぼ並びました。

このままお笑いタレントとして人気が定着するのか、2018年前半の「にゃんこスター」に要注目です。

注目の女性お笑いタレントで一歩抜け出すのは誰?
最近は女性お笑いタレントの躍進が目覚ましいですが、ここで2017年末に注目度が上がってきた3組に注目してみましょう。
検索数を比較したのは、『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)』で優勝した「ゆりやんレトリィバァ」、同番組で準優勝ながらも副音声で解説を担当していた松本人志ダウンタウン)の目を釘付けにした「牧野ステテコ」、そしてタイトルこそ獲れなかったものの、マツコ・デラックス内村光良(ウッチャンナンチャン)からもかわいがられているという「ガンバレルーヤ」です。

比較図を見ると、かなりの激戦を繰り広げているのが分かります。「牧野ステテコ」が1月6日に検索数を伸ばしたのは、お笑いネタを披露する番組『UWASAのネタ』で日本テレビの水卜麻美アナウンサーがネタを完コピした事の影響でしょうか。この中から頭一つ抜け出す女性お笑いタレントは果たして誰なのか、今後の動きが楽しみですね。

ブルゾンちえみに続くか?『ぐるナイ おもしろ荘』出演のお笑いタレント
それでは最後に、「ブルゾンちえみ」をブレークさせた『ぐるナイ おもしろ荘』に出演しているお笑いタレントの検索数を見ておきましょう。ネットで話題に挙がっていたお笑いタレントから編集部で「ひょっこりはん」と「完熟フレッシュ」をピックアップし、2017年ブレーク時の「ブルゾンちえみ」の検索数と比較をしてみます。

こうしてみると、昨年の「ブルゾンちえみ」が圧倒的ですね。特に1月1日の爆発的な検索数は「すごい!」としか言いようがありません。「完熟フレッシュ」は検索数が跳ね上がった1月9日に所属事務所が決まるというニュースがありましたが、ここからさらにブレークする事ができるのでしょうか? 2018年もお笑いからは目が離せませんね。

写真:タレントデータバンク
牧野ステテコ|1979/10/10生まれ|女性|O型|富山県出身)

データ提供:dメニュー検索数集計結果より(期間:2017年12月30日~2018年1月10日)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス