女性の下着を盗む僧侶、監視カメラに捉えられる(タイ)<動画あり>

聖職者という立場であるにもかかわらず、やはり理性を抑えることはできなかったのだろうか。このほどタイで、ひとりの僧侶が女性の下着を盗んだことが発覚した。寺を破門されて逃走しており、警察は男の行方を追っている。『Metro』『news.com.au』などが伝えた。

タイのスパンブリー県でゴールドの販売店を経営するKittisak Khajornnetikhunさん(40歳)は、路地裏に干してあった妻と娘の下着が無くなっていることに気付いた。

不審に思い監視カメラを確認すると、狭い路地裏を人の目を盗むようにそろりと進むオレンジ色の袈裟を纏った僧侶が映っていた。僧侶は物干し台に近付くと、辺りをうかがうようにして女性の下着6点を掴み、その場から持ち去ったのだ。監視カメラが捉えた意外な下着泥棒に、Kittisakさんはこのように話している。

「僧侶が下着を盗んでいるなんて…。別に怒っているわけでもないし事を大げさにもしたくはなかったのですが、ダメなことはダメなので警察へ届け出ました。また僧侶だからといって安心せず、用心しなければならないと他の女性たちにも警告したかったのです。盗まれた下着は高価なものではなく欲しければまた買えますが、盗まれた中の1枚は妻のお気に入りだったようです。」

後に僧侶は49歳のTheeraphap Worradilokであることがわかり、この件を知らされた寺の住職は直ちに彼を破門にし、寺から追い出したようだ。Phuwadit Khongpet警察署長は「監視カメラの男は、正真正銘の僧侶でナコーン・ナーヨック県出身であることがわかっています。我々は寺で住職にも事情聴取を行いましたが、Theeraphapは最近になって処方薬の服用を止めたために精神的ストレスであのような行動を取ってしまったのではないかということです。いずれにしても、寺の評判を傷つけたことは間違いありません。」

寺を破門されて以来、現在行方がわからなくなっているTheeraphapを現在、警察は捜索している。見つけ次第、法に従い窃盗容疑で逮捕・起訴する予定だという。

画像は『Metro 2018年2月6日付「Buddhist monk caught on CCTV stealing woman’s wet knickers」(Picture: Viral Press)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス