トヨタ自動車 平昌オリンピック・パラリンピックでアスリートをサポート

トヨタ自動車は、韓国・平昌で開催される2018冬季オリンピック・パラリンピック大会においてトヨタの従業員アスリートを含む、世界20カ国50人以上を「チームトヨタアスリート」としてサポートする。「チームトヨタアスリート」は、従業員アスリートに加え、各国で選出したトヨタの理念や価値観(「チャレンジ」「改善」、「質実剛健」「チームワーク」「謙虚・感謝」「素直・正直」等)をともにするアスリートから構成されている。

トヨタは、「スポーツを通じた平和で差別のない社会づくり」「モビリティを通じた持続可能な社会への貢献」を目指し、2015年に国際オリンピック委員会との間でワールドワイド・オリンピック・パートナー、国際パラリンピック委員会との間でワールドワイド・パラリンピック・パートナーのスポンサー契約を締結した。自動車業界が100年に一度の変革期を迎える中、志を共にする「チームトヨタアスリート」の活躍を通じ、従業員を始め、トヨタに関わるすべてのステークホルダーが刺激を受け、「すべての人に移動の自由を」提供できる、よりよいモビリティ社会に還元できることを目指している。

「ワールドワイドパートナー」をつとめるにあたり、豊田章男社長は、「スポーツは、人々に生き甲斐や希望、諦めない心を教えてくれるものです。オリンピック、パラリンピックで表現されるこのスポーツの精神をグローバル37万人の従業員と共有し、垣根のない、誰もが夢にチャレンジできるモビリティ社会の実現を目指します」と語っている

■■「チームトヨタアスリート」の従業員アスリート・森井 大輝(もりい たいき・パラアルペンスキー)1998年、交通事故で入院中に観た長野パラリンピックがきっかけで競技を始める。パラリンピックには過去4回出場し、4個のメダルを獲得。トヨタの技術が採用されたチェアスキーで、悲願の金メダル獲得に挑む。・伊藤 亜由子(いとう あゆこ・女子ショートトラックスピードスケート)バンクーバー、ソチに引き続き3度目のオリンピック出場。トヨタ自動車スケート部所属。・菊池 純礼(きくち すみれ・女子ショートトラックスピードスケート)オリンピック初出場。昨年12月の全日本選手権では、500メートルで優勝。トヨタ自動車スケート部所属。・横山 大希(よこやま ひろき・男子ショートトラックスピードスケート)オリンピック初出場。昨年12月の全日本選手権では、1500メートルで優勝。トヨタ自動車スケート部所属。・宇野 昌磨(うの しょうま・男子フィギュアスケート)オリンピック初出場。昨年12月のグランプリファイナルで準優勝。同月の全日本選手権では2連覇を達成。・寺尾 悟(てらお さとる・国際スケート連盟技術代表)過去4回オリンピックに出場。その経験を生かし、今大会では競技運営のサポートにまわる。トヨタ自動車スケート部監督。

■■「チームトヨタアスリート」の従業員アスリート以外のアスリート・アンドレア・エスカウ(パラリンピック・クロスカントリースキー・ドイツ代表)ハンドバイク選手であり、パラリンピックのバイアスロン及びクロスカントリースキーに出場。オリンピックでは、金メダル3個獲得している。・エヴァ・サムコバ(オリンピック・スノーボード・チェコ代表)6歳からスノーボードを始めた。元々はフリースタイルで参戦していたものの、度重なる怪我の後、クロス競技に転向。サムコヴァは、チェコで唯一、オリンピックのスノーボード競技でメダルを獲得した選手であり、平昌2018での防衛に成功すれば、スノーボード競技の女性アスリートとして世界で初めて金メダルを複数保持することになる。・セウン・アディグン(オリンピック・ボブスレー・ナイジェリア代表)ロンドン2012で100メートルハードルに出場。2016年にナイジェリアでボブスレーチームを立ち上げ、平昌2018では女性2人のボブスレー競技に出場。・ベル・ブロックホフ(オリンピック・スノーボード・オーストラリア代表)3歳からスノーボードを始めた。ソチ2014に続き、2度目のオリンピック出場。・イザベル・クラーク・リベイロ(オリンピック・スノーボード・ブラジル代表)トリノ2006、バンクーバー2010に引き続き3度目のオリンピック出場。南米の数少ないウィンタースポーツ選手。バンクーバー2010ではブラジル選手団の旗手を務めた。・カール・ブレネマン(オリンピック・スノーボード・カナダ代表)3歳からスキーを始めたが、15歳でスノーボードに転向。今回オリンピックに初出場。・ジェーン・チャネル(オリンピック・スケルトン・カナダ代表)オリンピック初出場。2011 年からスケルトン競技に参戦。・クロエ・トレスプシュ(オリンピック・スノーボード・フランス代表)ソチ2014に引き続き2度目の出場。ソチ2014ではクロス競技において銅メダル獲得。2017年の世界選手権では銀メダルを獲得している。・リンゼイ・ジャコベリス(オリンピック・スノーボード・米国代表)オリンピックに過去3回出場し、トリノ2006では銀メダルを獲得。世界選手権は5度制覇。X Gamesでは女性最多の10個金メダルを獲得している。・ヘイリー・ラングランド(オリンピック・スノーボード・米国代表)2017年に最年少スノーボード選手としてX Gamesに初出場し、ビッグエアで金メダルを獲得。平昌2018でオリンピックデビューを飾る。・ミッチ・ガーリー(パラリンピック・アルペンスキー・オーストラリア代表)バンクーバー2010、ソチ2014の過去2回のパラリンピックに出場。オーストラリア選手団の団長の一人。・ハン・ミン・ス(パラリンピック・アイスホッケー・韓国代表)バンクーバー2010、ソチ2014に続き、3度目のパラリンピック出場。バンクーバー2010では、韓国選手団の旗手を務めた。・アーリー・ベラスケス(パラリンピック・アルペンスキー・メキシコ代表)ソチ2014に出場。メキシコ選手として冬季パラリンピック競技での初メダルを狙う。・メンナ・フィッツパトリック(パラリンピック・アルペンスキー・英国代表)パラリンピック初出場。視覚障がい部門でガイドのジェニファー・キーホーと一緒に滑る。

上記のアスリートは、2017年10月より開始しているグローバル企業チャレンジ「Start Your Impossible」のキャンペーン広告にも登場しており、今後、平昌2018期間を通じ、新たなTV CMも放映される予定だ。

■■「チームトヨタアスリート」一覧トヨタ及びトヨタの海外事業体がサポート(含む従業員アスリート)

義肢づくりの現場訪問にて、歩く難しさ、走る怖さを体感オリパラ経済協議会の委員長として全国のアスリートを訪問し、スポーツを通じて交流

あなたにおすすめ