最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

恋愛 

かけ引きは逆効果です!モテる女子が「LINEではやらないこと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEをすることで、仲良くなったり距離を縮めたりすることができる可能性はとても高いです。

でも逆に、男性がイラッとする行為をしてしまうと、嫌われてしまう結果になることもあるでしょう。

そこで今回は、モテる女子が「LINEではやらないこと」を紹介します。



■ ■「既読スルー」が多い

未読スルーであれば、「今は忙しくてLINEを見る時間がないのかな」などと思うこともまだできます。でも、既読スルーをされると、「なんで読んだのに返事くれないんだよ」と、ちょっとイライラしてしまうものです。

特に、男性はどうでもいい話などではなく、何か連絡事項があったときにLINEを送ることが多いので、なおさら既読スルーには腹が立つはず。ちょっと焦らそうとしてわざと返信を遅らせようとする女性もいるかもしれませんが、男性からするとただただ鬱陶しいだけですよ。

■ ■「スタンプのみ」の返信ばかり

友達同士でLINEをするときに、スタンプだけで会話をしたり、スタンプをたくさん送ったりして楽しんだりすることもあるでしょう。でも、それを男性相手にやってしまうと、あまりいい印象は持ってもらえません。

自分の送ったLINEにスタンプのみでばかり返信されたら、「俺と会話したくないのかな」と男性は思ったりもするはず。スタンプの連打も対抗に困るだけなので、スタンプのみではなく、ちゃんと文章も添えることがやはり大事ですよ。

■ ■返信前の「連続送信」

まだ男性から返信がきていないのに、いくつも連続でメッセージを送るのは絶対にNG。それが緊急事態であったり重要な用件であるならまだわかりますが、大した用事でもないのにいくつもメッセージが入っていたら、見た瞬間に男性はゲンナリするはず。

特に、一番やってはいけないのが、「なんで返事くれないの?」「ねぇ?」「何しているの?」「おーい!」などと連続で送ること。これだけでものすごい圧迫感がありますし、重い感じも全開なので、男性からは最も嫌われる行為になってしまいますよ。

■ ■「時間」を全く考えていない

LINEをする際に、ちゃんと相手のことを考えているのかは、とても重要なポイント。自分の気持ちだけを前面に出してしまうと、気遣いや思いやりのない「自分勝手な女」だと思われてしまうことでしょう。

一番気にするべきは「時間」です。「LINEを送っても大丈夫な時間なのか」、「長い時間話しすぎてはいないか」などといった点にちゃんと気を配ることができると、男性も苦痛に感じることがないですし、「また話したい」とも思ってもらえるものですよ。

■ おわりに

LINEで会話をすることで急接近できたら、そこから恋愛へと発展させることもできるかもしれません。だからこそ、相手の気持ちや状況を考えてLINEを送るようにすることは、とても大事になってくるでしょう。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス