最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

パット・オコーナー コミスキー・パークに3万8622人の大観衆――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第13話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ルー・テーズがアメリカのレスリング・シーンの表舞台から姿を消した数年間、テーズの“代役”をつとめたスーパースターといっていい。

アマチュア・レスリングのバックグラウンド、正統派らしいサイエンティフィック・レスリング、クリーンカットなイメージとどれをとっても典型的なベビーフェースで、アメリカ英語とはちょっとちがうニュージーランド・アクセントのおしゃべりが人気者としての隠し味になっていた。

1950年代前半は、シカゴのドゥモン・ネットワークDumont Networkが毎週土曜夜に全米放映していたプロレス中継番組“レスリング・フロム・マリゴールド・ガーデン”の花形スターとして活躍。

当時、もっとも美しい技といわれたオコーナー・ロール――ローリング・リバース・クレイドル(後方回転エビ固め)――の開発者としても知られる。

カナダ・モントリオールでキラー・コワルスキーを下しAWAインターナショナル王座(1954年7月21日)、トロントでロード・レイトンLord Laytonを退けブリティッシュ・エンパイア・ヘビー級王座(1956年3月29日)といったローカル・タイトルを獲得。

NWAの総本山セントルイスのキール・オーデトリアムでテーズのライバルだったディック・ハットンDick Huttonを下してNWA世界ヘビー級王座を奪取(1959年1月9日)。同王座を2年5カ月間にわたり保持した。

オコーナーの32年間のキャリアのなかでプロレス史に残る重要な一戦は、“野生児”バディ・ロジャースとのタイトルマッチだった。

1961年6月30日、シカゴのコミスキー・パークで開催されたNWA世界ヘビー級選手権は3万8622人の大観衆を動員(興行収益17万5000ドル)。

この数字は、アメリカ国内におけるプロレス興行の有料入場者・興行収益新記録となった(それから26年後の1987年3月29日、“レッスルマニア3”ポンティアック・シルバードーム大会――メインイベントはハルク・ホーガン対アンドレ・ザ・ジャイアント――が記録更新)。

オコーナーとロジャースの試合は、ベビーフェース対ヒールの教科書のような名勝負だった。3本勝負の1本めはロジャースがコーナーを背にしてのカウンターのダブル・キックから速攻のフォール勝ち。

2本めはオコーナーが後方回転エビ固めで返し、決勝の3本めは、ドロップキックの連射をすかされたオコーナーが背中からトップロープにバウンドし、そのまま反転してキャンバスに落下。

ロジャースがすかさずロープサイドでエビ固めを決めた。ベビーフェースはベビーフェースらしく闘い、ヒールはヒールらしくずる賢くフォールを盗んだ。

NWA世界王座を失ったあと、オコーナーは大都会シカゴを離れ、中西部カンザスに安住の地を求めた。

その後、NWAセントラル・ステーツ地区の興行会社ハート・オブ・アメリカ・スポーツ社の株主(パートナーはガスト・キャラスGust Karrasとボブ・ガイゲルBob Geigel)となり、1969年から1982年まではNWAセントルイス地区(サム・マソニック派)のブッカーとして手腕を発揮。

1982年に“NWAの父”マソニックがプロレス界から引退後はB・ガイゲル、バーン・ガニア、ハーリー・レイスらとともにNWAセントルイス地区の共同オーナーとなった。

NWAの主流派メンバーだったオコーナーは、ジャイアント馬場と親交が厚かった。1970年代後半まで現役選手として全日本プロレスのリング上がり、大相撲・元横綱の輪島大士がプロレス転向(1986年)を果たしたときは、アメリカ武者修行中の強化コーチ、ロード・マネジャー的な役割を演じた。

●PROFILE:パット・オコーナーPat O’Connor

1924年8月22日、ニュージーランドのレイティーヒ生まれ。ブリティッシュ・コモンウェルズ・ゲームズ(アマチュア・レスリング)に2年連続優勝(1948年、1949年)し、1950年にプロ転向。1953年にアメリカに移住。58歳まで現役選手として活動し、1982年に引退。1990年8月16日、肝臓ガンで死去。享年65。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス