最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

どうしたら少しでも早く身支度できる!?時短メイクのコツ8つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どうしたら少しでも早く身支度できる!?時短メイクのコツ8つ
朝は何かと慌ただしいもの。それに加えて、うっかり寝坊してしまった時は大ピンチに!そんな時のために手早く身支度を済ませることができるコツを知っておくととても便利です。そこで、今回は時短メイクのコツをご紹介したいと思います。

◆1. 前日に洋服を決め、それに合わせてメイクアイテムを出しておく
ファッションとメイクをリンクさせているという人が多いのではないでしょうか。そうすれば、一体感が生まれてとても素敵ですよね。

そのため前日にはまず翌日着ていく洋服を決めて、それに合わせてどんなメイクをするか考えましょう。そして、そのために使うメイクアイテムをあらかじめいつもメイクしている場所に出しておきましょう。

メイクしている場所に置けない場合にはポーチやトレーに入れておいて。そうすれば、どんなメイクするか考えたり、アイテムを選ぶ時間を省くことができます。
◆2. 事前にメイクに割ける時間を考えてメイクの工程を決める
メイクを始める前に、どのくらいメイクに時間を割けるかあらかじめ確認しておきましょう。そして、その時間内でできることを考えてからメイクを始めるのがオススメです。例えば、メイクできる時間が10分とします。10分でフルメイクを完成させるのは至難の技。だから、上手に手を抜いて工程を省くことが求められます。

10分なら、化粧下地も日焼け止めも塗らずに日焼け止め防止効果のあるBBクリームを塗って、肌のアラをコンシーラーでカバーしてベースメイクは完了。リップ&チークでパパッとリップとチークを仕上げるというようにです。そのためには日頃からメイクする時、どの工程にどのくらい時間を要するのか確認しておくことが大切です。
メイク
◆3. クレンジングシートで手を洗う手間を省く
メイクする時は何度か手を洗う傾向にあります。しかし、手にメイクコスメが付いたからといって、いちいち手を洗っていては無駄に時間がかかってしまいます。そこで、用意しておきたいのがクレンジングシート。それで手を拭きながらメイクをして時間を短縮しましょう。

クレンジングシートがない場合はウエットテッシュで代用してもOK。ただし、その場合は色が指に残っていないか確認してからメイクしましょう。
◆4. ベースメイクはBBクリームかコンパクトタイプのエマルジョンファンデで仕上げる
年齢を重ねると隠したい肌悩みが増えてきてベースメイクに時間がかかるもの。しかし、あまりに工程を増やしてしまっては時間がかかってしまい、ポイントメイクまでたどり着けなくなってしまいます。

そこで、ベースメイクはBBクリームかコンパクトタイプのエマルジョンファンデで仕上げるのがオススメ。BBクリームは肌色補正効果があるのでそれだけで手早く肌を整えることができます。また、紫外線防止効果があったりして、化粧下地や日焼け止め、ファンデを省くことができたりします。

コンパクトタイプのエマルジョンファンデは、カバー力がある傾向にあるので肌の状態によってはコンシーラーを使わなくても肌を綺麗に整えることができたり、日焼け止めの上に手早く塗るだけでも、十分美肌に仕上げることができるものが多いのでオススメです。

パウダリーファンデも時短アイテムではありますが、季節や肌質にとっては乾燥するので、30代以降の女性にはエマルジョンファンデの方がベストです。
ベースメイク
◆5. アイブロウはペンシルで塗って眉マスカラでぼかす
人によって異なるものの、意外に時間がかかるのがアイブロウメイクかもしれません。そのためあらかじめアートメイクでその手間を省いておくのもひとつ。とはいえ、アートメイクはどこでどのような施術を受けるかによってはリスクも伴うことになるので、慎重に検討する必要があります。

アートメイクをしていない場合には、ペンシルタイプのアイブロウで眉を描くのが最も早く眉を仕上げられる可能性が高いでしょう。ただし、ペンシルだといかにも描きましたというような眉になってしまう場合があるので、スクリューブラシでぼかしたり、眉マスカラでぼかして手早く自然な眉に仕上げましょう。

◆6. アイシャドウはパレットタイプか単色のクリームタイプで仕上げる
ポイントメイクの中では最も時間がかかるのがアイメイク。しかし、顔の印象を左右するパーツでもあるので、あまり手は抜きたくないところ。そのため単色でも立体感が出せるクリームタイプのアイシャドウを指で塗って手早く仕上げるか、パレットタイプの塗るだけで簡単にグラデができるアイシャドウを使うのがオススメです。

そして、ペンシルタイプのアイライナーでアイラインを描き、ビューラーで眉を上げたらマスカラを塗りましょう。マスカラは軽くティッシュオフしてから塗るとダマになったりするのを防ぐことができます。
アイシャドウ
◆7. チークはクリームタイプを指でササッと塗る
チークを入れるのが上手な人はパウダータイプ、クリームタイプなど使用するチークの形状を問いません。しかし、左右対称にチークを入れられないという人やつい入れる位置を間違ってチグハグな印象になってしまうという人にはクリームタイプのチークがオススメです。

クリームタイプのチークを頬の笑った時に最も高くなる位置より少し高めの位置に1点ずつおき、そこから反時計回りに円を描くようになじませましょう。そして、スポンジでぼかせば簡単に左右対称のチークを入れることができます。
◆8.リップは口紅を直塗する
リップは口紅を直塗りするのが最も時短になるといえます。しかし、それでは輪郭がぼやけてしまうというような場合には、クレヨンタイプのリップがオススメ。輪郭をとってから中を素早く塗りつぶしましょう。
クレヨンタイプのリップ
◆まとめ
時短でメイクしたい時に失敗は許されません。だからこそ普段使い慣れたアイテムを使い、試したことのある組み合わせでメイクすることも大切です。

また、日頃から手早くメイクする練習をしておくのもオススメ。以上のことを心がけて、時短メイクにぜひチャレンジしてみてください。
Photo by fotolia

外部リンク(美LAB.)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス