桜庭ななみ、初の刑事役に苦戦「1000回ぐらい練習しました(笑)」

台湾に短期留学した経験を持つ“国際派女優”桜庭ななみが、中国人俳優のチャン・ハンユーと福山雅治がW主演を務める、2月9日(金)公開の香港・中国合作映画「マンハント」に出演。新人刑事・百田里香を演じている。

本作の監督であるジョン・ウーの作品に出てみたかったと話す桜庭が、憧れだった撮影現場で感じたことや役作り秘話、ちょっぴりドジでかわいらしい(?)エピソードを披露した。

――撮影を振り返ってみていかがですか?

映画を撮影したのは1年以上前になるんですけど、ジョン・ウー監督の現場にいられたことは自分の中で “宝物”になりました。

――女優として貴重な体験をしたんですね?

世界のジョン・ウー監督の現場の雰囲気を肌で感じたり、素晴らしい俳優さんたちとご一緒できた時間は私にとってかけがえのないものです。

――ジョン・ウー作品の印象は?

男の中の男たちのアクション映画というイメージです。男同士の友情が描かれる中で、女性のきらびやかさも印象的。いつか、自分も出てみたいなと思っていました。

――出演することになったきっかけはオーディションですか?

監督と面接をしました。その時は役も分からない段階で、中国語であいさつをしたり、趣味についてお話をしたり…、役についての話が特になかったので、ダメだったなと。

自信も確信もないまま、それから1カ月近く空いたこともあって、もう完全に諦めていました(笑)。

――ところが、見事に新人刑事という役を射止め、出演が決まりました。

すごくうれしかったです。今回のためというわけではなかったんですけど、いつかこういう作品に携わることができたらいいなと思いながら、中国語などを勉強していたところもあるので、大きなご褒美をもらえたような気がしました。

――念願のジョン・ウー作品に出演して、印象に残っていることは?

監督は、演技の指導をするというよりは、俳優陣のお芝居を尊重してくださる方で、優しく見守ってくださるんです。表情で「良かったよ」って伝えてくださるので、緊張はしていましたけどとても演じやすかったです。

監督のうれしそうな表情がいっぱい見られて、居心地のいい現場でした。

――本作は、1976年に高倉健さん主演で映画化された原作「君よ憤怒の河を渉れ」をジョン・ウー監督によって再映画化された作品ですが、オリジナル版は見ましたか?

監督とお会いする前に見ました。着ぐるみが出てきたり、馬が新宿を走っていたり、今の時代にはできないような演出がたくさんあって、すごく面白かったです。

今回の作品では、大阪ロケで地元の方たちにいろいろサポートしていただき実現できた撮影だったと思います。

――川を疾走するジェットスキー・チェイスなど、結構派手なシーンが多かったですよね。

あの水上シーンを最初に見た時、CGなのかなと思いました。でも、実際に川で撮影したものだということを聞いてびっくりしました。車もたくさん壊れているし、鳩小屋もすごいことになってしまって(笑)。あの鳩が羽ばたくシーンのスローモーションは印象に残っています。

――ご自身が演じた百田里香はどんな女性ですか?

里香は、今まで事件に立ち会ったことがないような新人刑事。殺されてしまった人に感情移入しちゃうところが面白いなと。

演じている時は、すごく頑張る子だなと思っていたんですけど、完成したものを見た時に自分の中で「何でそうなるの」とか「来るのが遅いよ」って思ったりして、新人ならではだなと感じる部分が目立ちました。

でも、それが里香らしいというかキュートに映っていたから、クスッと笑えるシーンになっているのかなと思います。

――役には入りやすかったですか?

一人の女性・里香としては入りやすかったです。ただ、新人刑事ということで、犯人のプロフィールを説明したり、専門用語がたくさん飛び出すセリフが多かったので、1000回ぐらい練習しました(笑)。刑事としての里香は難しかったです。

――犯行現場の再現シーンでは体当たりの演技を披露しましたね。

監督ならではの世界観は他の作品にはないような感じで、とても新鮮で、あのような表現の仕方があるんだなと勉強になりました。でも、首を絞められたり、苦しくてもがいたり…。撮影はかなり大変でしたよ(笑)。

――福山雅治さん演じる刑事・矢村とのコンビについては?

ちょっと憧れがありつつ、もしかしたら好きなのかなっていう部分も台本に書かれていたりして。そこを意識しながら、目の前の事件を解決することに集中している感じをうまく表現できたらいいなと思っていました。現場では、福山さんにすごくサポートしていただいてうれしかったです。

私が本番で失敗しても「思いっきりやっていいから」と、温かい言葉をかけてくださいました。

――現場では、スタッフの方たちと中国語などでコミュニケーションを取ったりしたんですか?

いろいろな方たちとお話しできて、とても楽しかったです。ハ・ジウォンさんとは、韓国語で出演作について感想をお話ししたりしていました。

――中国語は、中国語検定(HSK)4級を取得している実力の持ち主ですが、難しいと感じる点は?

発音と四声が難しいです。ひと言、ひと言に音が付いているんです。音と読み方と意味を考えないといけないですし、文法も違う点が大変。でも、漢字なのでなじみはありますね(笑)。

――先日、NHKの生番組で得意の中国語を披露していましたね。

突然の展開だったので、ものすごく緊張しました。頭の中でスイッチを切り替えないといろんな言葉がごちゃごちゃになってしまうんです(笑)。

――初の刑事役ということで、何か準備をしたことはありましたか?

銃の持ち方や警察手帳の出し方を教えてもらいました。それと、車を運転するシーンがあったので免許を取りました。

――今回の作品のために?

はい。まだ出演が決まっていないのに取ったので、この免許が無駄になるんじゃないかと思いながら合否を待っていました。

――車の免許があれば、今後も運転シーンは吹き替えなしでいけますね。

それができたらいいんでしょうけど、私は運転のセンスがないんです…。

――学生時代はバレーボールをやっていたから、運動神経はいい方なのでは?

たぶん、運動神経は関係ないと思います。運転はセンスです(笑)。マネジャーさんを助手席に乗せて練習したんですけど、あまりにも怖かったのかすごく叫ぶんですよ。横にいる人のそんな姿を見たら私も不安になるじゃないですか?(笑)

あらためて、教習所の教官の方たちは冷静だったんだなと思いました。

――教習車の助手席にはブレーキがあるから、いざとなったら自分のタイミングで踏めますからね(笑)。でも、人を乗せると運転がうまくなると言われているから、これからも練習したら慣れてくるんじゃないですか?

人の命を預かることになるので、もう誰も乗せたくないです(笑)。

――あらためて、作品全体の魅力は?

上映時間は2時間近くあるんですけど、ストーリー展開が早いですし、アクションも魅力的なのであっという間に終わる感じなんです。一瞬も目が離せないところが魅力だなと思いました。

――今後も刑事役をはじめ、アクションに挑戦したいという思いは?

福山さんやチャン・ハンユーさんも格好良かったですけど、チー・ウェイさん、ハ・ジウォンさんの女性が見せるアクションがとてもすてきだったんです。

もし、万が一“百万が一”またジョン・ウー監督の作品に参加することができたら、今度は銃を持ってみたいですね。

――海外の作品にも積極的に出演したい?

海外に目を向けたのは、ここ数年です。言葉の勉強を始めたことで、海外の作品に出演できたらいいなという思いが強くなってきました。自分の視野が広がったような気がします。

――海外の映画祭などに出席する機会も増えましたよね。

レッドカーペットを歩いたりしていると、気分が変わっていい刺激になります。

――最後に、2018年は「戌年」ということで、今の桜庭さんのオンリー“ワン”。例えば、一番好きな食べ物、ハマっているもの、リラックスできる時間など、これは欠かせないというものを一つ挙げていただきたいのですが。

去年の誕生日に、ティーバッグとタンブラーをもらったので、今は毎日お茶を飲んでいます。最近のお気に入りは「チコリ茶」。血の巡りが良くなりますし、デトックス効果もあるんです。

仕事の時もプライベートの時も、必ず持ち歩いていますよ。今年一年、体にいいお茶を飲んで、日本の映画やドラマはもちろん、海外の作品にも出演できるよう一生懸命頑張りたいと思います。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

https://news.walkerplus.com/article/136692/

あなたにおすすめ