綾野剛×宮藤官九郎×石井岳龍『パンク侍、斬られて候』映画化決定

 主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍の映画『パンク侍、斬られて候』の製作が決定し、6月30日に全国公開されることが分かった。

【写真】「綾野剛」フォトギャラリー

映画の原作は、芥川賞作家・町田康が2004年に発表した同名小説。江戸時代を舞台にしながらも、今風の語調による滑稽な会話の応酬、次から次へと登場する特異なキャラクター、そして驚きに満ちたストーリー展開で話題を呼んだ作品だ。本作の製作にあたって、綾野、宮藤、石井以外にも、特撮監督に『シン・ゴジラ』の尾上克郎、美術に『クローズ ZERO』シリーズ、『十三人の刺客』の林田裕至、衣装デザインには『信長協奏曲』や『銀魂』の澤田石和寛と、日本映画界を代表するトップランナーが集結した。

物語の主人公である、超人的剣客にしてテキトーなプータロー侍・掛十之進(かけ じゅうのしん)役の綾野は、喜怒哀楽と活劇が入り混じる難役に挑むに当たって「宣伝不可能な作品が生まれようとしています。もう後戻りできません。皆さまの新たな DNA が必ず覚醒爆発する事でしょう。その後の責任は持てません。パンク侍ですから」とし、綾野と初のタッグを組むことになる脚本担当の宮藤も「もし中3か高1でこの映画に出会ってたら人生狂わされていたに違いない」と、それぞれ“パンク”なコメントを寄せている。

また、原作者の町田は「人の脳に束の間浮かんでは消える幻のごとき瞬間の連鎖を石井さんはスクリーンに顕現させてくれました。小説作者としてこんなうれしいことはありません」とし、その石井は「まさか今、いや今だからこそなのか、この超絶原作が実写映画化されるとは。いまだ信じられず、まさにフィクションの世界の中、映画の中に彷徨いこんだ気分」と喜びを露わにした。

映画『パンク侍、斬られて候』は6月30日より全国公開。

あなたにおすすめ