「引っ越しバイト」ってどんな仕事?


「引っ越しバイト」ってどんな仕事?
重い荷物を運ぶ引っ越しアルバイトは、高い時給が魅力。1日で1万円以上を稼げることもあるという。今回は、そんな「引っ越しのアルバイト」をご紹介しよう。
仕事内容

社員スタッフのアシスタントや、荷物の搬入・搬出が基本業務。荷物の梱包から移動・配置まで、一通りすべての作業を行うのが一般的だが、移動だけ、梱包だけをするアルバイト求人もある。

■ 運搬担当
お客さんの家具や荷物を家から運び出したり、新居に運び入れたりする仕事。重たいものを運ぶので男子が担当することが多く、2~3人のチームを組んでの作業になることも。

■ 梱包担当
荷物を箱などに梱包する仕事なので、重い物を運ぶことが少なく、女子が担当することも多い。また、荷物の搬入・搬出の際には、部屋やエレベーターの壁、床を傷つけないように、保護用のシートを貼るなど運搬担当のサポートをすることも。

「梱包の仕方がわからない」「荷物が重くて大変そう」と考える学生もいるかもしれないが、研修でいろいろな梱包方法や、重たい家具を運ぶコツなどを教わるので、未経験の人でも大丈夫だ。

引っ越しシーズンの2~3月には、1日3~4件くらい仕事をこなすこともあるという。「日払いOK」「1日勤務OK」といった具合に、短期のアルバイト募集も多くなるので、春休みを利用して稼ぎたい学生にはオススメだ。
待遇や給与

引っ越し会社のレギュラーバイトもあるが、短期アルバイトも多いため、派遣会社に登録するのが一般的。

時給は都心部で「1000円~1500円」と高額なので、日給に換算すると「1万円以上」稼ぐこともできるようだ。また、交通費が支給されることも多いが、派遣先によっては出ない場合もあるので、事前に求人情報や面接などで確認をしておくといいだろう。

■ よかったこと
・「集団作業なので、チームワークを学ぶことができた」
・「意外に荷物が少なく簡単だった」
・「体を動かしてお金をもらうのは楽しかった」
・「体が鍛えられた」
・「時給がとにかく高かった」
・「勤務シフトが予約制だったので、空いている日にすぐ仕事に入れた」
・「お金を得る大変さを学べた」
・「同年代のバイト仲間がいたので、楽しみながら仕事ができた」

■ ツラかったこと
・「給料はもらえたが、予定の倍の時間がかかったこともあった」
・「作業が遅くなってしまいクレームが入ってしまった」
・「腰が痛くなった」
・「次の日全身が痛くなる」

■ こんな人にオススメ!?
・「明るくて社交的な人」
・「力仕事が得意な人」
・「梱包などをするので、丁寧に作業ができる人」
体験者からのアドバイス

大半の場合、シフトごとに違う人と組んで仕事をすることになる。お客さんとも、ある程度コミュニケーションを取る必要があるので、人見知りを克服したい人にはいい機会かも(引っ越しバイト経験/24歳/女性)。

※この記事は2014年06月18日にタウンワークマガジンに掲載されたものです。

※データ:大学卒業した22歳~25歳の社会人900人に調査(2014年3月27日~4月7日)/調査協力:株式会社クロス・マーケティング

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス